【超略解シリーズ】 老子 -天は長く地は久し-

こんにちは!

天心です。

【超略解シリーズ】としまして、早速、老子道徳経の内容についてお話していきたいと思います。

初回は二度にわたり、老子序章として、概略をお話してきました。

まだ、読んでない方は、そちらを最初に読まれてから、当該記事を読まれることをお勧めします。

【超略解シリーズ】 老子 -序章-
【超略解シリーズ】 老子 -序章2-


それでは、老子道徳経の解説に入っていきたいと思います。


◆◇ 天は長く地は久し ◇◆


【原文(書き下し)】

天は長く地は久し。
天地の能(よ)く長く且つ久しき所以の者は、其の自らを生ぜらるを以て、故に能く長生す。
是(ここ)を以て聖人は、其の身を後にして而(しか)も身は先んじ、其の身を外にして而も身は存す。
其の無私なるを以てに非ずや、故に能く其の私(し)を成す。


【超意訳】

天はどこまでも広がり物事を包み込み、大地は決して途切れることはない。
天地というのもは、何も恣意的に働かないからこそ永遠の無限のエネルギーを生み出し続けていけるのだ。
聖人はこの真理をわきまえているから、天地を見習い、自ら先んじようと画策しない。その結果、天地のエネルギーの後押しを得ていつの間にか先んじている。
自分を蚊帳の外において、中心に入り自己を主張したりはしないのに、いつの間にか自らが中心となり和が出来ていく。
聖人は自分が自分がと自己を主張することがないからこそ、天地と一体であり、だからこそ、結果として自然な形で自己を実現している。


【超解説】

天地、すなわち私たちの生きる森羅万象、宇宙とういうものは、どこまでも限りないものですよね。
そして、いつ終わるともない活動をずっと続けているわけです。
でも、人間の作るものは不完全なのでいつか壊れてしまうものです。
人類の歴史をひも解けば、勃興、衰退の繰り返しです。
天地は無限なのになぜ人は不完全なのでしょうか。
この問いに老子は、「私」という概念で答えています。
人間にはあって、天地にはないもの。
それが「私」という概念なのですね。
これは、自分という言葉にも置き換えることが出来るかも知れませんね。
自分という認識が自我を生み、自我という枠組みが無限のエネルギーを有限の存在にしていると老子は考えていたようです。
だから、人がもし天地のように無限のエネルギーを受け入れたいと願うならば、この「私」という枠組みを無くすしかないと老子は考えています。
とはいえ、人は中々、「私」というものを手放すことが出来ません。
人が人として生まれた以上は、「私」という認識を守ろうと誰でも思います。
だから、誰よりも優秀であることをアピールして「私」という存在の価値を高めようとしたり、競争に打ち勝って「私」というものが先んじて利を得ようとするわけです。
人の集団の中で常に自分が中心になりたいと願ったりして、自己を主張したりもします。
このことからわかるように人は「私」を手放しつらい構造を持っているといえるでしょう。
しかし、老子は、これに対して、提言しています。
それは、「私」を守り実現したいならば、「私」を捨てなさいという提言です。
「何を言っているの?私を守りたいのに私を捨てろって矛盾してるではないか?」
このように思うかも知れませんが、老子の提言の根拠は天地の働きにあります。
究極的な「私」を守り、自己実現をしたいと思うならば、天地のありようを体現した人になる他ないと老子は考えました。
天地が誰からも壊されることなく、天地が天地で居続けるその理由は、ことさらな自己主張をしないからだと老子はいうわけです。
ならば、本当の意味で「私」を守り、誰よりも先んじ、いつでも物事、人の中心にありたいと願うならば、天地を見習う必要があるだろうといのが老子の言いたかったことではないかと思います。
一見矛盾しているように見えて、実は物事の真理は思惑とは反対側にあることを示唆している文脈です。




以上、老子道徳経の超略解になります。

何かの参考になれば嬉しく思います。


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

No title

御教示頂く内容を文字のみを追うのではなくて、何とか感覚的に要旨を掴もうと懸命に読ませて頂いています。

インスピレーションで物事の核を掴む訓練も必要となりますね。

天心先生の深い洞察と非常に叡智に満ちた説話に全幅の信頼を寄せております。

いつもいつも 尊い教えを有難うございます!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR