FC2ブログ

霊眼ビジョン考察

久方ぶりに霊能力カテゴリのお話をしてみたいと思います。

あまり、霊能力とか摩訶不思議系のお話は控えめにしている所存です。

なぜかというと、あまりにも霊的で不可思議なことにばかり注力がいってしまうと、不可思議な世界にとらわれて本来の天命を成就するとか、社会的な役割、本当の意味での霊的な役割を担えなくなってしまう場合があるからです。

私達は現世での生活でしっかりとした社会性ある行動と、常識やマナーを欠落させないようにしつつ、霊界の実相を追及していく必要があります。

いつも不思議なことばかりを追求しすぎれば、いつも思考は霊界ばかりになり、現実感覚が薄れすぎてしまうわけです。

そうなるとかえって、霊界のダークサイドに感応してしまう、やたら霊的に敏感になりすぎたり、いつも霊が気になってしまう性質、体質になってしまうのです。

ここを理解したうえで、霊的な不可思議な現象なども学んでいくと、迷っておかしな方向に流されてしまうことはないはずです。

さて、前置きはこのくらいにして今回のテーマに入っていきたいと思います。

「霊眼(れいがん or れいげん)」、「ヴィジョン」ということについて少しお話してみたいと思います。

霊眼というのは、文字通り霊的なものを見据える眼のことですが、巷では霊眼で見えたものを判じて占いを行う霊視占いというものがありますね。

かくいう私もブログを始めた(始める前も)ころは霊視ということを行っていたことがあります。

今は、一切の霊視による鑑定は中止しています。

その代わりにその方の守護霊様と交流してコメントを頂き、その解説をさせていただくというスタイルになっています。

霊視は霊界の姿を見て、今後起こりえそうな事柄、後は過去にあったであろう霊界の残像を見ていくことにあります。

また、霊的な存在などとの霊線がつながっている場合は、その姿が見えたりもするわけです。

しかし、見えるのはあくまで霊界の残像であり、姿であるわけで、現世での姿そのものではありません。

霊界に存在している以上、それは、何かしかの形で現世にフィードバックされたか、これからされる可能性のあるものなのです。

だからこそ、あるときにはそれが未来予知につながったり過去の出来事のリーディングとなったりするわけです。

ただ、それでも霊界は心の動きに応じてあくまで変化し続けるものです。

霊界が変化するということは、現世へのフィードバックのあり方もまた変化するということです。

このことからわかるように決して確定して動かない未来というものはないのです。

霊視で見えた霊界だけで判別したり、見たことをそのまま伝えてしまうと、その内容に縛られてしまい本来の自由な主体的努力による未来創造が困難になる可能性があるため、相談者の行く末を考えるならば、各自の守護霊にご指導導きはお任せすべきという結論に至ったわけです。

また、霊界は非常にファンタスティックな世界でもあります。

現世ではできない、ありえないことでも霊界ではありえたりします。

人が空を飛んだり、現世では存在が確固として確認されていない龍や天狗、その他の形容しがたい霊物なども登場します。

そのような世界を垣間見るのが霊眼という人に備わった機能なのかと思います。

霊眼については、昔から諸説があり、良く言われるのが額の真中あたりにある第三の眼と呼ばれる霊的センターが開くと霊界の姿が見えてくるといわれています。

私は、そのあたりの説が巷で言われている以上の知識があるわけではありませんが、少なくとも経験上からいえば当たらずとも遠からずといったところだと思います。

といいますのは、まず霊的ビジョンが見えるときというのは、大抵、額の真中あたりに意識が集中している時だからです。

感覚的なお話なので、分かりにくいかもしれませんが、額をスクリーンにして映像が上映されているような感じです。

もうひとつの見え方としては、瞼の裏に比較的はっきりとした形でもって、霊的存在の姿やヴィジョンが見えてくるパターンです。

なぜ、見え方に違いがあるのかはわかりませんが、経験上、はっきりと見えるのは、霊位が低いか次元が低い、現世に近い波動の荒い霊的存在である場合が多いです。

もちろん、次元が低い=悪なる存在とは限りません。

次元の高い神霊が次元下降してわかりやすくお姿を現す場合もあるからです。

ただ、程度の低いあまり良い影響を与えてこない霊物も瞼の裏に出てくる率は高いので、この見え方は多少の注意が必要です。

最後に頭の真中でかすかに見えるケースがあります。

これは比較的、次元が高く高度な霊的存在であることが多いです。

次元が高くなればなるほど、抽象性が増すので見え方もかすかでぼんやりとしたものとなる傾向があります。

とりあえず大きく分けると霊眼の見え方は3つあるということですね。

もちろん、他のケースや異論もあると思いますが、一つの霊眼の種類として判別の助けになるかも知れません。

但し、厳密に霊物の正邪、次元の高低を見分けるのは霊眼の見え方だけで判断するのは危険です。

あくまで参考程度にとどめておいてほしいと思います。

今回、なぜ霊眼についてお話してみようと考えたのかといいますと、最近ではお問い合わせやご相談を受ける方の中には霊的に敏感な方も多くなってきています。

いたずらに霊的なお話をして混乱させるのは論外ではありますが、多少なりとも参考になる霊的感性におけるお話も少ししておく必要を感じてきた次第です。

なるべく興味本位に終わらない内容を選んで、今後も少しずつ開示していけらと思っています。


◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

質×量×時間

霊力強さというものは、簡単にいうと以下の数式が適用されるのではないかと考えられます。

質×量×時間

以前、霊力について、霊力発揮のための3つのポイントをご紹介しました。

そのポイントは原則であり、その原則を上記の数式に当てはめてみることで、霊力の強弱が決まってきます。

実行、言葉、観想のまずは、が問われてきます。

どんなに実行していても、現実的に効果的でない行動ばかりしていては、物事の成就には結びつき辛くなります。

言葉も、より、麗しく、あるいは、力強い表現を用いた方が、より霊力も発揮されやすくなります。

観想も、ただぼんやりと漠然としたイメージを持つよりも正確に求める形を詳細化したほうが霊力は強くなるわけです。

だから、まずは、3つのポイントの質を高めていくことが霊力を強める一つのパラメータになります。

次にくるのは、ですね。

実行といっても、一回トライして、それでおしまいというのでは、霊力も長続きしません。

二回、三回、十回、二十回と量を増やしていくほどに霊力は強くなるものです。

言葉も、一言二言の短い言葉ではなく、沢山の言葉をもって、発することも大事です。

例えば、お祈りする時でも、「守護霊様、今日も良い一日でありますように」というのと「守護霊様。今日も清々しく太陽も輝き、ホントに気持ちのよい一日であることに感謝いたします。家族も皆、元気で私もすこぶる身体の調子もよく、全身にエネルギーがみなぎっています。ヤル気が満ちていて、今日も一日頑張れそうです。本当に全ては守護霊様のおかげです。ありがとうございます。今日もいつになく、過去においても全く経験がないほどの素晴らしい気付きと発見と幸せに満ちた良き日でありますように」

というのでは、全く、霊力の発揮され方が違います。

言葉の量を増やしていくこと。

これも留意したいものです。

最後に時間ですが、お祈りするならば、ある程度の時間をかけた方が霊力も強くなります。

質と量のお祈りを時間をかけて行っていくわけですね。

理想としては、時間がかかるほどの言霊の質と量をつむぎだし、観想もなるべく長い時間、続けていくことが大事です。

もちろん、実行も時間をかけて、繰り返し繰り返し、しながら年月をかけて実行していくことで霊力は強まっていくわけです。

質×量×時間

この数式を基本に考えてゆくことで、少しずつ霊力は強まっていくことになることと思います。

参考になれば幸いです。


◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

霊力を発揮する方法

あまりむやみやたらに霊能について語るのは混乱のもとであるので、控え目にしているのですが、スピリチュアルな事柄に触れる行きがかり上、どうしも避けて通れないお話でもあります。

今回は、霊力ということで、これを発揮するための方法についてお話してみたいと思います。

霊力といいますとなんだか摩訶不思議な力であるかのような印象を持つかと思いますが、実際には、どんな人にもそれなりの霊力は備わっているものです。

そもそも霊力とは、霊妙な力であると同時に現実においても、それとは知らずに発揮されていることが多かったりします。

例えば、霊力が強い人のわかりやすい例をあげれば、リーダーシップのある人なんかは霊力が強い方であるといえます。

同じ、意見や方針を述べるにしても、なぜか、この人に言われるとついてゆきたくなる、あるいはその人のペースに引き込まれてしまう。

こういう方が時々いらっしゃいますよね。

これは同じようなことを行ったとしても霊力の違いで、その結果や影響力が変わってきてしまうことを意味しています。

あるいは、なんでも目標を立てたならば叶えてしまう人。

これも霊力が強い人であるといえます。

霊力と一口でいっても様々な現れ方があり、必ずしも霊的な事柄で発揮されるとはかぎらないものです。

霊力なんて自分には関係ないと想っているかたもいらっしゃることかと思いますが、以外に現実面でも霊力の強さは日々の生活や人生に影響を与えているものなのです。

霊力とは自分の意を実現し、あるいはそれに強い影響を与える力であるとも定義できるわけです。

だから、なるべくならば、霊力が強い方が人生を歩む上で心強いといえなくもないのです。

では、どうしたら霊力は発揮されて強くなるのでしょうか。

詳細な方法や具体論は、ここでは述べません。

それは色んな人が観るブログという媒体で語るには少し抵抗がありますし、神霊からも許可がでません。

今後、FGSの会等ではもしかしたら触れていくかも知れません。

ただ、そのかわり、霊力が発揮されるための基本的ポイントについてだけお話してみたいと思います。

そのお話をする前に少し密教についてのお話をさせてください。

密教には三密といいまして、身・口・意と呼ばれる大事なポイントがあります。

これはなんであるかといいますと、と呼ばれる手と指をからませて組む仏様を表すシンボルを意味しています。

マントラ、すなわち真言です。

観想、これは仏様と一体となるイメージのことですね。

つまり印を結び、真言を唱えて、仏様をイメージすることを基本として、密教では護摩祈願や修法と呼ばれる儀式を行い、霊力を発揮して霊験を得たりしているわけです。

これが密教における霊力が発揮される大切なポイントとされています。

しかし、これはあくまで密教の加持祈祷などで行われるポイントです。

私たち一般の人間が霊力を発揮するためにこれらを実践するのは少し無理があります。

そこで、誰でもできる霊力の発揮される三つのポイントをお話してみたいと思います。

1.実行

まずは、何はなくとも現実的な目標となる物事へ向かって行動を起こしていくことです。

ボーっとして何も動かず、ただ、霊力発揮されないかな~(笑)なんて、動きが止まっていると絶対に霊力は発揮されません。

ともかく身体を動かし、実践、実行を旨とする。

これが大事なひとつ目のポイントです。


2.言葉にする

これは、具体的なかつ表現力豊かな語彙力をつけるということ。

それから、しっかりと言葉であらゆることを表現する力を身につける。

できうるかぎり、自分の目標が実現されるために必要と思われること、どうしたいのか、どうなりたいのかを多くの言葉を使い表現していく、沢山の言葉を口に出し、紙に書き表していくことで、言霊の霊力を経て、行動を後押しして、状況を変えてゆく力が生まれます。


3.イメージを作る

できるかぎり、自分の実現させたい理想の状況を事細かに臨場感を持って感じるようにする。

そのためには、具体的なイメージを細部にわたり描くようにする。

六根をフル動員してイメージを作り上げていくことで、よりリアルな理想の霊界が作られてくる。



この三つのポイントが合わさった時に霊力は発揮されるわけです。

どれか一つでも欠けても、霊力は上手く発揮されず空回りするので、絶対に外せないポイントです。

しかし、最期にお話しておきたいこととしては、霊力は正邪を選ばないということです。

自分の心の中に他人にたいする愛の念や神仏に対する真心がなければ、どんなに強い霊力を獲得したとしても、却って霊力に振り回されてしまう結果になります。

霊力を本当の意味で使いこなすためには、人格を磨き、心の修養が必要であることは覚えておくとよいでしょう。



◎クリックご協力ください!


テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

祈りと霊能力

突然ではありますが、皆さま、守護霊様にお祈りをされていますでしょうか?

のっけから何を言い出すとお思いかも知れませんが、折角、このブログを読んで守護霊の存在が近くに感じられていることと思いますので、今日はもっと近くに守護霊を感じるために「祈り」についてお話したいと思います。

FGSの会では、守護霊に対する祈りの方法の正式版をお伝えさせて頂いておりますが、守護霊様に対してお祈りすればするほど、守護霊との霊線が強くなってくるので、受ける加護も強くなってくるということがいえます。

こうして、ブログを読んだりして守護霊の存在のことがわかってくるだけでも、意識は近づくために霊線は強くなりますが、やはり、積極的にお祈りしてゆく方が、より意識は守護霊に繋がっていきます。

いつも元気でいたい、運を良くしたい、必要な時にアイデアやヒラメキを得たい。

こう考えているならば、なおさら、お祈りは重要になってきます。

霊能力の基本となる全ての要因は、中間役の霊(ここでは守護霊)にいかに動いて頂くことができるかがポイントになります。

守護霊という存在は一つの法則がありまして、それは、勝手にやたらと動いたり、生きている人間に対して越権行為となるような働きはしないというものがあります。

つまり、必要最低限の働きしか通常はしてくれないわけです。

例えば、仕事で業績をあげたいと思っているとして、普通に頑張っている時は、守護霊も普通に守護してくれています。

最初は間接守護ですが、一生懸命、頑張っていれば直接降りてきて守護してくれることにもなるでしょう。

しかし、これでもまだ、守護霊は自分の守備範囲の中で、通り一遍の守護だけをしている状態であるといえます。

その働きの中に、守護される当人の意見は反映はされていないわけです。

よくある勘違いとして、「守護霊はなんでもわかっているので、何も言わなくてもこちらの言い分通りに守護してくれる」というものがあります。

これは守護霊の法則から言いますと、少し、違っていると言わざるを得ないでしょう。

どのように守護してほしいのか、何を不安に想っているのか、何を悩んでいるのか。

これをしっかりと言霊でお伝えして祈ることで、初めて守護霊は、当人の意見を取り入れた形での守護に切り替えし始めるのです。

もちろん、全てを叶えてくれるというほど、守護霊は甘くはありませんが、祈りによって、守護霊を動かす、あるいはお働き頂くことこそが、霊能力の一つの基本となります。

私の取次も全てはこの原則にのっとって行っています。

だから、守護霊が動いてくれないと何もできません。

守護霊を動かすためのキーワードは「祈り」です。

しかし、どうやって祈るべきかといいますと、できうるかぎり言霊にしっかりと発音して出すということがいえます。

但し、やたら大きな声で奏上する必要はありません。

小さな自分だけが聞こえるか聞こえないかくらいの声で十分です。

ブツブツとなるべく軽快な感じで言霊を数珠のようにつむいていくのがよいでしょう。

あまり間延びしてしまうようなお祈りだと守護霊様もあくびしてしまいます。(笑)(冗談です)

なるべく、言霊の表現方法、バリエーションは豊かである方がいいといえます。

そして、一番大切なポイントは、愛と真心を起点とした祈りをするということです。

具体的には、自分だけが幸せになれればよいという発想を止めて、自分と関係するすべての人の幸せを祈る。

ここがポイントになります。

とても大事なポイントなので、繰り返しておきたいと思います。



◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

他心通力の基礎

よく守護霊アドバイスなどで恋愛に関する相談を受けることがあります。

男と女の関係というものは、多彩な要素が組み合わさり、その複雑さゆえに悩みや葛藤が発生しやすい事柄であるのかなとも思います。

男女の問題のほとんどは、いきつくところは心の問題です。

相手が何を考えているかわからない、見えない。

だから迷う。葛藤する。

多くのケースを観てきましたが、ほとんどがこのパターンに行きつくことが多いように思えます。

彼(彼女)が何を考えているか知りたい。

本心がどうであるのか知りたいというご依頼も時々、あります。

私は、基本的には、守護霊からのコメントをお伝えすることに止めていて、相手の心を探ることはあまりしないようにしています。

以前は、未来予見のヴィジョンと同様に、相手の気持ちを読みとるような取次もしていたこともありました。

しかし、これもやはり、「相手の心を知ってどうするのか」という点で、あまり本当の意味での問題解決にならないケースが多いために、なるべく取次しないようにしているのです。

守護霊がコメントとして教えてくれるケースもあるため、絶対に伝えないわけではないのですが、自粛しているわけです。

人の心について読みとりを行うことを他心通力(たしんつうりき)といいます。

これは、仏教で示されている6つの神通力のうちの一つであります。

他人の心のうちを探る能力の一つであります。

まさに彼(彼女)の気持ちを理解する能力であるといえます。

これからお話するのは、この他心通力の基礎となるメカニズムについてです。

どうしたら、相手の気持ちを理解することができるようになるのか。

これが今回のお話のテーマであります。

それでは、早速、お話を進めて参りたいと思います。

まず、人の心を読むなんていうと、どうしても「心を読んでやろう」とか「腹の内を探ってやろう」なんて思ってしまいがちです。

このような心根は、神通力が発揮される基礎となる要素が完全に欠落しているといわざるを得ません。

何が欠落しているのか。

ひとえにそれは、真心であるといえます。

相手の気持ちを読んで自分に有利なように動こうとか、「浮気をしているかどうか確かめてやる」なんていう(苦笑)思いではまず、他心通力は発揮されません。

相手がどう思っているのか不安だから心を知りたいという想いも同様で、そう思えば想う程、相手のことがわからなくなってしまうのです。

相手の気持ちがわからないというご相談をされる方の多くは、自分の不安から相手の気持ちを探りたいという気持ちを強く持っている方がほとんどではないかと思います。

逆にいえば、その心根が相手の心を理解できない状態にしてしまっているということもいえるのでしょう。

もう一度、繰り返しますが、他心通力の発揮される状態の基礎となるのは、愛と真心です。

相手の幸せを真に想い、願う心で、相手がどうしたら喜んでくれるのだろうか?等と純な気持で、相手に意識を向ける時、ポッと心の中に、相手の想いが映りだす。

これが他心通力の原理原則なのです。

私も、取次をする場合は、絶対に相手の心を探ってやろうとか、読んで当ててやろうなんて気持ちを持ってやっているわけではありません。

常に相手の幸せを願う心がなければ、守護霊様は他心通力を発揮させてくれることはないからです。

全ては、神霊や神仏が許してくれただけ、取次ができるのです。

この原則を踏まえるならば、愛と真心で、相手を真に思いやり、意識を向けてさえいれば、ご相談者自身、相手の心がわからないなどと言って、迷ったりすることはないのです。

逆にいえば、この原則からはずれるからこそ、相手の心がわからなくなってしまうわけです。

本当に仲良く上手くいっている夫婦やカップルは、いつだって他心通力が発揮されているものです。

当人たちはそれに気づいていないかも知れませんが、知らぬうちに相手の心がわかるようになっていたりするものなのです。

だからこそ、仲良く関係を続けていけているという部分もあるのかと思います。

もちろん、何事も例外はあり、あまりに波長が合わない相手との間に他心通力は発揮されないことはあるでしょう。

しかし、原則としては、相手に対する愛と真心こそが、相手の心を知る基礎なのだということは理解しておくことが大切かと思います。

他心通力が本当の意味で発揮することができ、幸せな関係を築いてゆく一つのポイントとして受け止めて頂ければ幸いです。


天心 拝



◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR