FC2ブログ

【超略解シリーズ】 老子 -営魄を載んじ-

こんにちは!

天心です。

【超略解シリーズ】としまして、早速、老子道徳経の内容についてお話していきたいと思います。

初回は二度にわたり、老子序章として、概略をお話してきました。

まだ、読んでない方は、そちらを最初に読まれてから、当該記事を読まれることをお勧めします。

【超略解シリーズ】 老子 -序章-
【超略解シリーズ】 老子 -序章2-

また、当該シリーズの老子道徳経編のバックナンバーは以下になります。
合わせてお読み頂ければ幸いです。

【超略解シリーズ】 老子 -道の道とすべきは-
【超略解シリーズ】 老子 -天下みな美の美たるを知るも-
【超略解シリーズ】 老子 -賢を尚ばざれば-
【超略解シリーズ】 老子 -道は沖しきも-
【超略解シリーズ】 老子 -天地は仁ならず-
【超略解シリーズ】 老子 -谷神は死せず-
【超略解シリーズ】 老子 -天は長く地は久し-
【超略解シリーズ】 老子 -上善は水の若し-
【超略解シリーズ】 老子 -持してこれを盈たすは-

それでは、老子道徳経の解説に入っていきたいと思います。


◆◇ 営魄を載んじ◇◆


【原文(書き下し)】

営(まど)える魄(うつしみ)を載(やすんじ)、一を抱きて、能く離るること無からんか。
気を専らにし柔を致して、能く嬰児ならんか。
玄覧(げんらん)を滌除(てきじょ)して、能く疵(し)無からんか。
民を愛し国を治めて、能く以て知らるること無からんか。
天門開闔(かいこう)して、能く雌(し)たらんか。明白四達(めいはくしたつ)して、能く以て為すこと無からんか。
これを生じこれを畜(やしな)い、生ずるも而も有とせず、為すも而も恃まず、長たるも而も宰たらず。
これを玄徳と謂う。/span>

【超意訳】

肉体的な欲望に惑わされず唯一の道理をわきまえていられるだろうか。
気持ちを赤子のように柔らかくして、純朴なあり方でいられるものだろうか。
心を禊祓いして塵一つない状態を保てるものだろうか。
国民を愛してよくこれを治めて、それが当たり前の状態であるようにできるものだろうか。
女性性の象徴であるどこまでも受容する包容力を持つことができるものだろうか。
隅々まで明瞭でありながらも何もなさずにありのままでいられることができるものだろうか。
何かを生み出し、何かを養い、育んだとしても、それを所有して自分のものとせず、それに依存せず、たとえ優れた才能を持っていてもそれを利用して、権力を握ったりはしない。
これらのような振る舞いが出来る人は聖人だけが持つといわれる玄徳を持っている人だといえよう。


【超解説】

今までの老子の中でもたびたび、聖人君子のあり方について言及されています。
その特徴を上げれば、以下のようになるでしょう。
1.森羅万象の道理をわきまえている
2.道理をわきまえているからこそ、いたずらに利益や権力を求めない
3.わざとらしさや人としての賢さを捨てているので、素朴であり、一見、すごい人のようには見えない
4.道理に従順であることが良いのであり、人が作り出した智慧や欲望に惑わされることはない
5.道理は永遠のものであり、尽きることはない。だから、聖人の徳も永遠に続くものである
他にもいろいろありますが、簡単にあげれば上記のような形になります。
今回のトピックでは、何故に聖人は、このような振る舞いが出来るのかという点について述べています。
一言でいえば玄徳と呼ばれる性質を備えているからこそ、聖人は聖人らしく振舞えるのだということになります。
逆に言えば、玄徳があるからこそ、聖人になることが出来たということなのかも知れません。
但しこのトピックにおいては、玄徳を得る方法については触れられていません。
そうあるように振る舞えば、玄徳が得られるということなのでしょうか。
しかし、人為における賢しらを否定している老子ですから、ことさらそれを得ようとする行いもまた人為であると喝破するのかも知れません。
ただ、道理に従順に生きるためには、おそらく道理の根源に触れてみなければわからないということなのかも知れません。
理屈よりも、玄妙なる道の働きとエネルギーに触れて、理屈を超えて、道理を体得せよということのようにも思います。





以上、老子道徳経の超略解になります。

何かの参考になれば嬉しく思います。


◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

【超略解シリーズ】 老子 -持してこれを盈たすは-

こんにちは!

天心です。

【超略解シリーズ】としまして、早速、老子道徳経の内容についてお話していきたいと思います。

初回は二度にわたり、老子序章として、概略をお話してきました。

まだ、読んでない方は、そちらを最初に読まれてから、当該記事を読まれることをお勧めします。

【超略解シリーズ】 老子 -序章-
【超略解シリーズ】 老子 -序章2-

また、当該シリーズの老子道徳経編のバックナンバーは以下になります。
合わせてお読み頂ければ幸いです。

【超略解シリーズ】 老子 -道の道とすべきは-
【超略解シリーズ】 老子 -天下みな美の美たるを知るも-
【超略解シリーズ】 老子 -賢を尚ばざれば-
【超略解シリーズ】 老子 -道は沖しきも-
【超略解シリーズ】 老子 -天地は仁ならず-
【超略解シリーズ】 老子 -谷神は死せず-
【超略解シリーズ】 老子 -天は長く地は久し-
【超略解シリーズ】 老子 -上善は水の若し-

それでは、老子道徳経の解説に入っていきたいと思います。


◆◇ 持してこれを盈たすは ◇◆


【原文(書き下し)】

持してこれを盈(み)たすは、其の已(や)むるに如(し)かず。
湍(きた)えてこれを鋭くするには、長く保つべからず。
金玉堂に満つるは、これを能(よ)く守る莫(な)し。
富貴にして驕るは、自ら其の咎(とが)を遺す。
功遂げて身の引くは、天の道なり


【超意訳】

どこまでも器いっぱいに満たそうとするのはやめた方が良い。
どこまでも鋭く研ぎ澄まそうとする刃物は長持ちしないものだ。
宝をどこまでも集めてみてもいずれは失ってしまうだろう。
豊かで富栄たとしても、おごりの心が出てきて、ろくなことにはならない。
だから、功績というものは、成し遂げても、それに執着しないで身を引くことが天に適う道というべきものである。


【超解説】

人は求め始めるとどこまでも貪欲になってしまうもので、人の欲望ほど底なしなものはないのかも知れません。
一つ手に入れれば、今一つ手に入れたい。
こう思ってしまうのが人の性というものです。
でも、そんな人の性質の中に私たちを貶める要因が眠っていることを老子は喝破しています。
老子のすごいところは、単なる欲望の話にとどまらず、自己を体現する能力についても言及している点です。
一見すれば、自分の能力を磨き向上させていくことは、素晴らしいことのように思えますが、やり過ぎれば、仇になるということです。
鍛えすぎた剣は以外と消耗しやすくもろいものです。
切れ味抜群でもすぐに刃こぼれしてしまうようでは、意味がありません。
長く使えてこそ意義があるもので、鍛えすぎずほどほどが良いということですね。
また、能力を高め、財産などが豊かになれば、人は油断するもので、まさに驕れる平家久しからずという意味で、隙が出来てしまいます。
豊かさというものは、ありがたいことかも知れませんが、同時に人をダメにしてしまう要素を含んでいます。
だからこそ、豊かさに執着せずに適当なところで、距離を置くことが天道の道理に沿っているというのが老子の主張であるわけですね。
豊さや能力を高めたいと一生懸命に努力することは以外と誰でもできるものですが、それに執着せず次のステップに自然なる形で移行していくことが出来るのは、並大抵の境地ではないのかも知れません。




以上、老子道徳経の超略解になります。

何かの参考になれば嬉しく思います。


◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

【超略解シリーズ】 老子 -上善は水の若し-

こんにちは!

天心です。

【超略解シリーズ】としまして、早速、老子道徳経の内容についてお話していきたいと思います。

初回は二度にわたり、老子序章として、概略をお話してきました。

まだ、読んでない方は、そちらを最初に読まれてから、当該記事を読まれることをお勧めします。

【超略解シリーズ】 老子 -序章-
【超略解シリーズ】 老子 -序章2-

また、当該シリーズの老子道徳経編のバックナンバーは以下になります。
合わせてお読み頂ければ幸いです。

【超略解シリーズ】 老子 -道の道とすべきは-
【超略解シリーズ】 老子 -天下みな美の美たるを知るも-
【超略解シリーズ】 老子 -賢を尚ばざれば-
【超略解シリーズ】 老子 -道は沖しきも-
【超略解シリーズ】 老子 -天地は仁ならず-
【超略解シリーズ】 老子 -谷神は死せず-
【超略解シリーズ】 老子 -天は長く地は久し-

それでは、老子道徳経の解説に入っていきたいと思います。


◆◇ 上善は水の若し ◇◆


【原文(書き下し)】

上善は水の若し。
水は善く万物を利して而(しか)も争わず。
衆人の悪(にく)む所に処(お)る。
故に道に幾(ちか)し。
居には地を善しとし、正(政)には治を善しとし、事には能を善しとし、動には時を善しとす。
夫(そ)れ唯だ争わず、故にとがめ無し。


【超意訳】

最上に良い状態を目指すならば水のような己であるとよい。
この世には色んなものがあるけれど、水はどんな物よりも身を低くする場所に存在して、いかなる物とも争わない。
なぜ争わないで済むのかといえば、誰もが嫌がるような目立たないところに身を置いているからだ。
このような水の性質は森羅万象のあり方に近いといえる。
住みかとする地に恵まれ、政をしても良く治め、何か事を起こすにしても能力を発揮する、そして、何か動くときには時期を得ることができる。
このように何をやってもうまくいく状態というものは、水のようにあらゆるものと順応し、森羅万象に近い働きをするからこそ、誰からもとがめられたり、邪魔されたりすることがないのである。


【超解説】

私たちの生きる競争社会を皮肉っているかのようにも聞こえる内容です。
老子の生きた時代にも人間社会の様々な争いや競争があったことと思います。
時には血で血を洗うような争乱もあったことでしょう。
栄華を極めた王朝も時がたてば、また、新しい勢力にとってかわられます。
流血を伴って手に入れたものが、再び、流血を伴って失うわけです。
どんなに血眼になって争い、競争に勝ち抜いたとしても、勝ち取った栄誉は長続きしません。
では、どうしたら永遠に栄誉を得ることが出来るのでしょうか。
老子は水の性質に見習いなさいと言います。
水というのは、私たちの生活に欠かせないものでもありますが、ある特性があります。
それは、状況に応じてその身を変えるというものです。
最初は液体で冷やせば氷となり固体となります。
温めれば気体になり、様々な姿に身を変えるわけです。
そして、水は、どんなものとも親和性が高いので、様々なシーンで活用されます。
汚れを落としたり、何かを薄めたり、強い味があるわけでもなく、色合いも無色透明です。
これといって際立った主張のない物質であり、柔軟性があるため、あらゆる場面で活用されますが、取り立てて貴重なものともされず、地面を伝いただ流れるだけです。
良く「水と空気はタダ」なんて言われてしまうくらいに通常は、目をかけられません。
しかし、その働きは非常に重要であり、私たちの命をつなぐにあたり必要不可欠でもあります。
そんな水というもののあり方が道のあり方に似ていると老子は考えたようです。
本当に有能であり、真に貴重なる存在というものは、水のように目立たないし、これといって取り上げられないけれど、誰とも争うこともなく脈々とその真価を発揮している存在なのかも知れません。
「我こそは!」と自らのすごさ、貴重さを主張する姿は、水の持つ、何もせず争わない真の尊さにはかなわないということなのかも知れません。



以上、老子道徳経の超略解になります。

何かの参考になれば嬉しく思います。


◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

【超略解シリーズ】 老子 -天は長く地は久し-

こんにちは!

天心です。

【超略解シリーズ】としまして、早速、老子道徳経の内容についてお話していきたいと思います。

初回は二度にわたり、老子序章として、概略をお話してきました。

まだ、読んでない方は、そちらを最初に読まれてから、当該記事を読まれることをお勧めします。

【超略解シリーズ】 老子 -序章-
【超略解シリーズ】 老子 -序章2-


それでは、老子道徳経の解説に入っていきたいと思います。


◆◇ 天は長く地は久し ◇◆


【原文(書き下し)】

天は長く地は久し。
天地の能(よ)く長く且つ久しき所以の者は、其の自らを生ぜらるを以て、故に能く長生す。
是(ここ)を以て聖人は、其の身を後にして而(しか)も身は先んじ、其の身を外にして而も身は存す。
其の無私なるを以てに非ずや、故に能く其の私(し)を成す。


【超意訳】

天はどこまでも広がり物事を包み込み、大地は決して途切れることはない。
天地というのもは、何も恣意的に働かないからこそ永遠の無限のエネルギーを生み出し続けていけるのだ。
聖人はこの真理をわきまえているから、天地を見習い、自ら先んじようと画策しない。その結果、天地のエネルギーの後押しを得ていつの間にか先んじている。
自分を蚊帳の外において、中心に入り自己を主張したりはしないのに、いつの間にか自らが中心となり和が出来ていく。
聖人は自分が自分がと自己を主張することがないからこそ、天地と一体であり、だからこそ、結果として自然な形で自己を実現している。


【超解説】

天地、すなわち私たちの生きる森羅万象、宇宙とういうものは、どこまでも限りないものですよね。
そして、いつ終わるともない活動をずっと続けているわけです。
でも、人間の作るものは不完全なのでいつか壊れてしまうものです。
人類の歴史をひも解けば、勃興、衰退の繰り返しです。
天地は無限なのになぜ人は不完全なのでしょうか。
この問いに老子は、「私」という概念で答えています。
人間にはあって、天地にはないもの。
それが「私」という概念なのですね。
これは、自分という言葉にも置き換えることが出来るかも知れませんね。
自分という認識が自我を生み、自我という枠組みが無限のエネルギーを有限の存在にしていると老子は考えていたようです。
だから、人がもし天地のように無限のエネルギーを受け入れたいと願うならば、この「私」という枠組みを無くすしかないと老子は考えています。
とはいえ、人は中々、「私」というものを手放すことが出来ません。
人が人として生まれた以上は、「私」という認識を守ろうと誰でも思います。
だから、誰よりも優秀であることをアピールして「私」という存在の価値を高めようとしたり、競争に打ち勝って「私」というものが先んじて利を得ようとするわけです。
人の集団の中で常に自分が中心になりたいと願ったりして、自己を主張したりもします。
このことからわかるように人は「私」を手放しつらい構造を持っているといえるでしょう。
しかし、老子は、これに対して、提言しています。
それは、「私」を守り実現したいならば、「私」を捨てなさいという提言です。
「何を言っているの?私を守りたいのに私を捨てろって矛盾してるではないか?」
このように思うかも知れませんが、老子の提言の根拠は天地の働きにあります。
究極的な「私」を守り、自己実現をしたいと思うならば、天地のありようを体現した人になる他ないと老子は考えました。
天地が誰からも壊されることなく、天地が天地で居続けるその理由は、ことさらな自己主張をしないからだと老子はいうわけです。
ならば、本当の意味で「私」を守り、誰よりも先んじ、いつでも物事、人の中心にありたいと願うならば、天地を見習う必要があるだろうといのが老子の言いたかったことではないかと思います。
一見矛盾しているように見えて、実は物事の真理は思惑とは反対側にあることを示唆している文脈です。




以上、老子道徳経の超略解になります。

何かの参考になれば嬉しく思います。


◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

【超略解シリーズ】 老子 -谷神は死せず-

こんにちは!

天心です。

【超略解シリーズ】としまして、早速、老子道徳経の内容についてお話していきたいと思います。

初回は二度にわたり、老子序章として、概略をお話してきました。

まだ、読んでない方は、そちらを最初に読まれてから、当該記事を読まれることをお勧めします。

【超略解シリーズ】 老子 -序章-
【超略解シリーズ】 老子 -序章2-


それでは、老子道徳経の解説に入っていきたいと思います。


◆◇ 谷神は死せず ◇◆


【原文(書き下し)】

谷神(こくしん)は死せず、是れを玄牝(げんぴん)と謂う。
玄牝の門、是れを天地の根(こん)と謂う。
緜緜(めんめん)として存するが若く(ごとく)、これを用いて勤(つ)きず。


【超意訳】

谷間に湧き出る泉の水が尽きることがないのは、谷間にいる神様が死なないで永遠に働き続けていることの証拠である。
このように尽きることがなく何かを生み出す力を玄牝(げんぴん)と言います。
玄牝とはいわば母が子を産む働きのことであり、子がこの世に生まれてくる産道の出口を玄牝の門と呼ぼう。
玄牝の門は子だけでなく、天地の全てを生み出てくる門であり、根源ともいえる場所である。
とても神秘的で混沌といているけれど、尽き果てることのないエネルギーを生み出している。


【超解説】

この章の要点は、一言で言えば、道のエネルギーは無限であると言いたいわけです。
そして、その無限のエネルギーが生み出されてくる根源的なところがあると老子はいうわけです。
その根源的なところは神秘的で良く分からないけれど、ともかくエネルギーは無限だよということです。
それを女性の子供を産む働きを例えてしています。
考えてみれば、私たち生きとし生けるものがこの世に誕生するメカニズムはハッキリとしません。
分かっている部分ももちろんあるわけですが、どうして、そのようにして生命が誕生するのかは分かりません。
でも、確実にこの世に何かを現すための門は存在していて、その門からはコンコンと泉の水が湧き出るように生命を生み出し続けています。
この神秘の働きもまた、道の一部だということなのでしょう。



以上、老子道徳経の超略解になります。

何かの参考になれば嬉しく思います。


◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR