灰色のモヤモヤは・・・

大学の二年生の頃の話になります。

私は都内にある某大学に通っておりまして、専門分野ではないのですが、単位取得のために経済原論という講座をとっていました。

経済原論は、経済の基本的なこと(といっても高校生で習う政治経済の教科書よりはより高度な内容)を学ぶ授業であったのですが、担当教授がマルクス経済学が専門の方でありました。

その教授は、ちょっと変わっていて、何かというとマルクスについて語りたがる傾向がありました。

専門がマルクス経済なので、さもありなんというところかも知れませんが、一応、経済原論の授業です。

もちろん、マルクス経済学も経済の勉強をする上で大切な要素を含んでいるので、教えることに意義はあるのですが、少し片寄がある授業内容だったのを覚えています。

やたら、マルクスばかりを推してくるので、学生たちはマルクス教授とあだ名をつけていたものです。

さて、このマルクス教授なんですが、学生たちのみならず、教授の間でもかなり有名な方で、どちらかというと問題児のような扱いであったらしく、どちらかというと教授の中でもアウトローな感じの立場にいる方であったようです。

当時、すでにソ連などの共産主義体制は崩壊いていましたし、社会主義、共産主義は何となく成立しないという雰囲気が漂っていました。

そんな中でマルクス推しの教授というのは、それなりに異端として目立った存在でもあったようです。

ある時、大学近くのファミリーレストランへ友達とランチに行ったときのことです。

窓際の席がいいな♪なんて言いながら友達とレストランの奥へと進んでいくと一人たたずむ中年の男性が独り窓際の席に座って黄昏ています。

何だか哀愁が漂っていて近づきがたい雰囲気です。

よく見ると其の男性は例のマルクス教授でした。

別に大学教授だってファミリーレストランに入ることはあるでしょうし、独りで食事を取っていたって問題はありません。

ただ、何となく変な雰囲気が漂っていて、ちょっと気まずい感じになり、私と友達は、早々にファミリーレストランから撤収したのでした。

そして、数日後、別の授業でのことです。

その授業は近代経済学という科目で、先ほどのマルクス教授の経済原論とも少しかぶっている部分はあるのですが、主にその名の通り近代における経済学をメインで教える内容です。

担当教授は、マルクス教授ではなく、別の教授でした。

授業を受ける中で、ひょんなことから経済原論で教わった内容にかかわる話になりました。

どうも近代経済学で教えらえている内容と経済原論で教わっている内容とで齟齬があるように感じた学生の一人が担当教授に質問を投げかけることになりました。

それもそのはずで、何しろ経済原論では、あのマルクス推しのマルクス教授の偏った授業内容です。

一方、近代経済学の教官は、結構、淡々と平たく基本となる原則を教えるというオーソドックスなタイプです。

内容に多少の齟齬を感じたとしても不思議はありません。

私は何となく学生と担当教官のやり取りを眺めていました。

その時、その担当教官の背後のあたりに何か灰色のモヤモヤが渦巻いているのが見えたのです。

「なんだアレ?」

口にこそは出しませんでしたが、私は担当教官の背後にある灰色のモヤモヤを食い入るように見つめます。

最初はタバコか何かの煙かあるいは自分の目がおかしくなっているのかな?と思ったりしました。

教室にいる学生の誰も気づいているようには見えません。

見えているのは私だけなのかと思い、やっぱり自分の目がおかしくなったのかと思おうとしたその時でした。

担当教授が学生とのやり取りの中で一言「まあ、あの教授はちょっと変わっている人だから」とポツリと言い放ち、にやりと意味深に笑ったのです。

その笑い方は一瞬ではあったものの、侮蔑の感情が見て取れました。

その瞬間、灰色のモヤモヤがある形を作り上げたのです。

それは、あのマルクス教授の顔だったのです。

ボンヤリとしていて、ハッキリとはわからなかったのですが、確かに以前、ファミリーレストランで見たあの哀愁のこもった顔、そしてどこか恨めしい感じのする表情を垣間見たのです。

段々、それを見ていると気分が悪くなってきたので、私は下を向いてやり過ごすことにしました。

おそらく、マルクス教授の色んな感情のこもった念の凝個体が担当教官のところに憑いていたのだと思います。

その時は、どうすることも出来ず、下を向いてやり過ごすしかありませんでした。

今ならばどうにか処置したと思います。

担当教官とマルクス教授との間に何があったのかは分かりませんが、一つ言えることは、人の念というものはこんな風にして憑いてくるものなんだなということです。

私たちは色んなことを想い、色んな事を感じます。

その想いは良いことも悪いこともあることでしょう。

そして、念というものは止める術が原則としてありません。

なので、あるのはどんな念を向けられるのかという違いだけです。

担当教官がその後、どうなったのかは分かりませんが、あまり良い感じのする念(生霊)ではなかったので、少なくとも良い影響はないのだろうなと思います。

出来る事ならば良からぬ念を受けず、清々しい良い念を向けられるように気を付けたいものです。


◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

スピリチュアルにおける霊波動チェック

こんにちは!

天心です。

少し前まで微かに聴こえていた蝉の鳴き声も最近では、鈴虫の鳴き声が聴こえるように変わってきました。

自然界のオーケストラも蝉のパートから鈴虫のパートに曲の章が移り変わってきた模様です。(笑)

すっかり秋らしい雰囲気があたりを包んでいて、過ごしやすい落ち着いた日々が流れていますね。

私も少し前までは自分自身の毒抜きに苦しんでいたのですが、現在は少し落ち着いて参りました。

毒抜きの具体的な内容はFGSの会のメルマガの「よもやまコラム」でお話する予定なので、今回は割愛します。

さて、読者の皆様も夏場は非常にキツイ思いをされた方も多かったのではないでしょうか。

猛暑日が続いたこともその一因ではあると思いますが、それ以外にもスピリチュアル的な意味合いにおいて、色々と穢れが浮かび上がってくる時期でもあったのです。

お盆回りというのは、どうしても浮霊が起きやすいのですが、そのことに気づくと気づかないとに関わらず、体調やメンタル的な不調に陥る方が多いのも夏場の時期なのですね。

不思議なもので、7月、8月の頃は本当に方々から不調を訴える声が耳に届いてきていました。

でも、当人は単なる体調不良だと思っているわけなのですが、実際には浮霊が原因である場合が多いのです。

そんな浮霊が起こりやすい時期を超えてようやく落ち着く時期に入って参りましたが事は、少しだけホッといたしますね。

ただ、夏場が過ぎたとしてもやはり、霊波動が下がってきたり、マイナス的な要因に引っ張られるということは時期、季節に関わらず日常的に起こりえることです。

しかし、中々、自分の霊波動が下がってきていることを自覚することが難しい場合があります。

そこで、今回は簡単に自分の霊波動の状態をチェックする方法をご紹介してみたいと思います。

これを行うと簡単ではありますが、霊波動の状態がプラスかマイナスかを図ることが出来ます。

それでは早速、やり方をお話してみたいと思います。

1.鏡の前に立ちます。大きな鏡である必要はありませんが、顔が映るくらいの大きさが良いです。

2.パッと鏡に自分の顔を映します。その瞬間、自分の顔がどんな顔をしているか確認します。

3.どこか暗かったり、疲れた顔をしていたり、こわばっている場合は霊波動がマイナス状態にある傾向があります。

4.特にいつも通りで何の変哲も感じない、顔が笑っている、生き生きしている場合は問題はありません。

5.次に今日一日の予定について想いを巡らせてみてください。

6.どんな感情が胸の内に起こって来るか検証してみましょう。

7.めんどくさい、嫌だな、気分が悪くなるような感情の場合は霊波動がマイナス状態にある傾向があります。

8.わくわく感、充実感、良い意味での緊張感が沸き起こる場合はプラスの状態にあるといえるでしょう。



以上が簡単な霊波動チェック方法です。

霊波動の状態を内面だけ見つめているとわからないことも多々あります。

しかし、こうして何かの物理的な事柄と接触した時に起こる感覚、感情、そこに現れる態度などを検証していくと霊波動の状態が見えてくることがあります。

あくまで参考程度に活用して頂ければと思います。


◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

思念の連鎖と感応

こんにちは!

天心です。

先日、FGSの会のメンバーの方からのメールなどをチェックしておりました。
(でも、まだ、お返事できていないメールが沢山ある状況で誠に申し訳ないです。。)

その中で、広島市の土砂災害が大変なことになっていると知らせて来てくださるものがあり、情報収集してみれば、本当に大変なことになっておりました。(大汗)

何となく最近大気が不安定で記録的大雨があったという認識はあったのですが、ニュースを見て想像以上の地獄絵図になっていることを知り、心を痛めております。。

広島市の土砂災害に見舞われた方、生活に大きな支障が出て途方に暮れている方などなど、一刻も早く状況が改善していくことをお祈りすると同時に亡くなられた方のご冥福をお祈りさせて頂きました。

本当に平穏無事な日々は当たり前ではなく、思いがけない災厄はいつ来るのかは、正確には予測は出来ません。
でも、災厄が来るのを意識しすぎて生きるのは健全ではない以上、私たちは日々、後悔のないように生きていく以上のあり方はないのかなとも思います。

気持ちが暗くなってしまうニュースからのお話になり恐縮ですが、まだまだ、夏の大気は不安定な部分があります。
読者の皆様にも大きな災厄がないことをお祈りさせて頂きたいと思います。

さて、今回のお話は「思念の連鎖と感応」ということについてです。

先日、道を歩いておりますと、あるサラリーマン風の男性が思いっきり飲料水の自動販売機を叩いておりました。(汗)

ドーン、ドーン!すごい音をたてていて、皆、その方を見ています。

何か面白くないことがあったのか、はたまたストレスの蓄積が高じて激高したのか分かりません。

きっかけは、おそらく自動販売機にお金を入れたのにお目当ての商品が出てこなかったことが原因の模様。

「自動販売機を叩いても解決しないんだけどな。。」

そんなことを考えながらも、特に関わることなく家路に向かいました。

その後、また私は道を歩いていまして、結構な炎天下なので頭もくらくらしていました。(苦笑)

水分が足りてないのかと思い、自動販売機で緑茶を買うことにしたのですが、自動販売機のボタンに触れた瞬間、猛烈なイライラ感と感情の高ぶりを感じたのです。

理由はありません。なぜかそういう気持ちになったのです。

本当に下手をすると自動販売機を蹴っ飛ばしてしまいそうな勢いです。
(もちろん、しませんでしたけどね(笑))

そこで、変だな?と思い、深呼吸をして自分の状況を審神してみるとあるヴィジョンが見えてきました。

それは、以前見た、自動販売機をバンバン叩いていたサラリーマン風の男性の姿なのです。

どうやら、その男性(だけとは限りませんが)が残した激高したイライラ感の思念が生霊化して残っていたようです。

生霊というと恨みつらみをぶつけられた場合に憑くものと思われがちですが、残留思念的に場所や物に滞ることもあるようです。

また、念が凝固して人の形をしていない状態で憑く場合、自分自身の発した念が白い靄のような形でまとわりついている場合など色々あるようです。

今回は自動販売機という触媒を通して、男性のイライラ念に感応してしまったようなのですね。

なので、妙に理由もないのに感情が高ぶる場合などはこういった思念の連鎖による感応ということもあるのなかと思います。

何度も事故が起きる場所とか、そこに行くとテンションが必ず下がる場所なども思念が思念を作り出し連鎖していることによる現象なのかも知れません。

暑いのでイライラしがちですが、なるべく良からぬ思念は残さないようにしたいものですね。(苦笑)


◎クリックご協力ください!



テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

水辺で気を付けること

こんにちは!

天心です。

相変わらず暑いですね~

猛暑を涼しく過ごそうと避暑地に出かけたり、海水浴などに行かれる方もいらっしゃることかと思います。

時期的にも夏休みですから、ご家族で旅行とかもされている方も多いことでしょう。

海と言えば、夏場は海難事故が起こりやすいので気を付けたいものです。

毎年、溺れて亡くなる方がいらっしゃいます。

大抵、「溺れるはずないよ」と思っている方ほど、事故にあいやすかったりするものです。

もちろん、事故を怖がっていては海や川で遊ぶことができなくなってしまいます。

なので、あまりに気にしすぎるのはマイナスです。

ただ、あまりにもこの時期は海難事故が多いので、一つスピリチュアル的にこの問題を考えていきたいと思います。

実際、行楽地や歓楽街など楽しい雰囲気を持つところほど不成仏霊が好んでたむろする傾向があります。

海水浴場なども実際には色んな霊が集まってきていることが多いです。

そんなことを意識しすぎると楽しめないので、あまり考えない方が良いわけではありますが、それでも、やっぱり貰い受けしてしまうケースもあります。

行楽地から帰ったら急に不調になったり、具合が悪くなったりするわけです。

貰い受けの場合は憑依レベルも低いことが多いので、ほっといても離れていくことが多いので、それほど気にしなくて大丈夫なのですが、海などの水気が集まる場所に行く場合は若干、注意した方が良いかも知れません。

水気というのは霊的なエネルギー作用の媒体となりやすいので、色々、降りてくるのです。

実際、海難事故が連鎖して起こってしまう傾向があるのも、溺れたりした方がそのままお止まりになっているケースが多いからでもあります。

必ずしもそればかりが原因ではありませんが、少しでもそういった霊的な干渉によるリスクを減らすためには以下の簡単な言霊を唱えてから海や川などで遊ぶと良いでしょう。

みずはのかみ うみひらき わたつみは たいらかに しずまれり

以上、簡単ではありますが、ご紹介させて頂きました。

ご活用頂ければ幸いです。


天心 拝


◎クリックご協力ください!


テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

魂の傷を見抜く

何か大事な決断をしようとすると必ずおかしな行動を取ってしまう。

頭では為すべきことが分かっていても、なぜかあらぬ方向へ舵を取ってしまう。

こんな経験は多かれ少なかれ誰にもあるのではないでしょうか。

どうして自分があんな行動をしたのか、振り返ってみても実は判然としない。

あるいは、もっともらしい理由は思いつくのだけど、心のどこかでは「どうしてこうなってしまうのだろう」なんて考え込んでしまうこともあるのではないでしょうか。

そんな時に色々と原因や理由を探っていこうとするわけですが、どうにも真の原因がハッキリしない場合があるものです。

実はそういうよくわからない、ハッキリとしない理由には「魂の傷」が問題の原因になっていることがあります。

「魂の傷」と言っても本来的には魂は無形のものなので傷がつくものではありません。

これは、抽象性の高い、魂の次元における障害が根っこにあり、現実の生活や人生に支障を与えていることを表現するために、「魂の傷」と呼んでいるのです。

例えば、「魂の傷」の典型的な例を挙げてみましょう。

ある夫婦がいたとします。

いつも喧嘩ばかりしていて、妻はいつも自分の夫が靴下を脱ぎっぱなしにしていることに憤っています。

「なんでいつも靴下を脱ぎっぱなしにするの!ちゃんと洗濯籠に入れてっていつも言ってるじゃない!!」

ヒステリックに夫に苦言を言い放っています。

これを現実思考で単純に考えてみれば、だらしない夫の行為に怒っているわけだから、夫が悔い改めて靴下を脱ぎっぱなしにせず洗濯籠に入れれば問題は解決するはずです。

しかし、実際には、これで解決する場合としない場合に分けられます。

単純に解決する場合には魂の傷は関係ありません。

表面的に起こっていることが解決すれば、問題は消えてなくなります。

しかしながら、解決しない場合には魂の傷の存在が疑われます。

なぜならば、どんなに妻が脱ぎっぱなしにされた靴下のことで憤っているように見えても、実際の問題点はそこにはないからです。

なので、夫がどんなにしおらしく?靴下を洗濯籠にきちんと入れるようになったとしても、妻は別のことでまた夫を攻撃するようになるのです。

こんなことが続くと夫婦仲も危うくなったりするわけです。

先ほども言いましたが、魂の傷とは抽象性の高い次元の障害のことを指しています。

抽象性が高いということは、その問題は現実の具体的な事柄や言葉、論理で表すことが難しいといえます。

抽象次元は文字通り抽象的な世界のことなので、具体的に何が問題なのかを言葉や論理、事柄で示すことは困難であるわけです。

つまり、このことは、問題点として存在しているにも関わらず、それを言葉や理屈で表せないのです。

なので、余計に苦しく、その苦しみをなんとか表現したくて、現実に表されてくるのは、本来的には無関係な事柄として表れてくるのです。

例えば、自分の魂がハツラツと輝けないような呪縛観念や霊障がついている場合には、それだけで本来は気持ち悪く、正しい行動もあるべき方向にも進みずらくなるのですね。

そうするとそれを何とか誰かに知らせたかったり、表現することで救難信号を出そうとするわけですが、現実的な言葉や論理、事柄では表現できません。

結果として、全然、本質とは関係ない部分で魂の傷は表現されることになります。

そうなるといくら表面的に起こっている問題点を解決しても、魂の傷は解決されないので、真に問題は解決しないわけです。

これが妻の怒っている事柄を解決したとしても問題が解決しない原因なのです。

ですから、何か問題が起こって表面的にその問題を解決しても状況が改善されない場合は、魂の傷を疑ってみると良いでしょう。

その場合は起こっている現象、そのものに注力せずに、その原因の背後にある真の原因を突き止めていくことが重要になると思います。


◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR