先祖供養の考察

スピリチュアル的な意味における先祖供養についてお話してみたいと思います。

先祖供養というと昨今、様々に物議を醸している事柄でもあります。

現実思考、あるいは唯物史観的な見方をする方からは、先祖供養など生きている人間の感傷に過ぎず、昨今ではスピリチュアル的な見方をしている方の間ですらも先祖供養不要論が多く席巻されているように感じます。

人は亡くなったら霊界へ旅立つのだから供養などしても仕方がない。

現世の食べ物などを供えられても霊人になれば食べられないのだから不要である。

そもそもお経をあげてっもらったりしても嬉しくないし、意味がわからないなど様々な理由から先祖供養は意味がないという意見も多いように思います。

確かに現代に生きる人たちにとって先祖供養はあまりピンとこない儀礼のようなものになってしまっているのかも知れません。

段々と時代を経るにしたがって、私達の考え方も変わってきています。

先祖供養に対する考え方も様々に分かれていくのは当然の帰結であるとも言えます。

では、先祖供養は最早、無用の長物であり、意義のない儀礼的なものでしかないのでしょうか。

そうではありません。

では、今後、先祖供養というものについてどのような視点で見ていけばようのでしょうか。

スピリチュアル的な視点で観た場合の先祖供養について考えていきたいと思います。

まず、先祖というのは時代を遡ればそれこそ何千、何万というつながりがあるわけですが、時代ごとに思想的な考え方が異なります。

近代に入ると先祖供養というものが儀礼的な枠組みの範疇を出ないものとして考えられるようになってきましたが、それ以前は、子孫は先祖を供養し、手厚く祀るという慣習が当たり前のように続けられてきたわけです。

そのような慣習がある時代に生きたご先祖様というのは、とても先祖供養というものにこだわりがあるわけです。

現代に生きる私達とはそもそもの考え方、発想が違うわけです。

そうなるとお亡くなりになり霊界に旅立たれた近代に入る以前のご先祖様達と近現代に生きて亡くなられた方とでは、先祖供養に対するこだわりも違うということです。

このことは霊界に旅立ってからも尾を引く問題になっています。

つまり、近代以前に生きたご先祖様にとって先祖供養はやってもらって当たり前と思っているフシがあるということです。

現代の私達がいくら「先祖供養など無意味だ!」と考えていても、近代以前に亡くなられたご先祖様達はそうは思っていないことが多いわけです。

まず、先祖供養が無用と言い切れない理由の一つにはこのような事情があります。

では、現近代に生きた比較的、私達と近い時代を生きたご先祖様に対しては先祖供養は必要がないということなのでしょうか。

実はこれも必ずしもそうであるとは言えない部分があります。

なぜならば、生前は「先祖供養など無用!」と言い切っていた方でも、霊界についてよくわからずに亡くなったりしている場合、亡くなられてもすぐには自分の行くべき霊界に移行できずにいるケースがあるからです。

もちろん、生きている時も心根が清々しく、亡くなる時も執着無く穏やかに旅立って行かれれた方などはちゃんと守護霊の導き(あるいはご先祖系の背後霊団の導き)によって迷わずご自分が行かれる霊界へ移行される方もいらっしゃると思います。

しかし、中々、そのようにすんなりは生きにくく、すっぱりと穏やかに亡くなることができる環境にないのが現代という時代でもあるわけです。

スピリチュアル的な見方がナンセンスであるという受け止められ方をするようになっている分、むしろ、亡くなられた後もモヤモヤしている状態になることも多いといえるのです。

そのように考えると、先祖供養のあり方は現近代の方とそれ以前の方とで変わってくるかも知れませんが、先祖供養の本質でもある霊界での修行や学びのアシストという意味では今後も必要不可欠であるのかも知れません。

さて、ここまで先祖供養についてお話してきましたが、それでもなお疑問が残る方もいるかも知れません。

それは、「そもそも霊界に行ってまでなぜ現世における食べ物などを供えなければならないの?食べられるわけではないのに。。むしろ、執着心を煽って現世への思いを引き伸ばしてしまうのではないの?」という疑問です。

確かにこれは一厘あります。

私は以前の記事などでもお話していたかと思うのですが、私達は先祖供養するために生きているわけではありません。

とはいえ、私達とご先祖様は霊線で繋がっているので、スピリチュアル的には無視できない存在でもあります。

なぜならば、ご先祖様が霊的にマイナスな状況にあると私達にもそのしわ寄せが来るからでもあります。

しかし、そうは言っても私達の生きる意味は先祖供養をするためではなく、魂の向上にあるわけです。

まずは、自分自身の魂を向上させていくことが結果的に霊線で繋がるご先祖様の霊界霊層向上に寄与することにもなります。

なので、一生懸命、先祖供養だけしていれば良いというわけではないのですね。

そう考えると先祖供養でお供えなどをしてご先祖様をねぎらうなんて霊界での先祖の修行の邪魔をするだけになるし、自分の魂の向上のみ考えていればいいという発想になってしまうのもわかります。

しかしながら、ここでもまたご先祖様の霊界事情が絡んでくるのです。

例えばある程度の上部霊界で満たされた生活を送っているご先祖様というのは、ハッキリ言ってしまえばあまりお供え物や現世的な意味での供養は意味をなさない場合があります。

なぜならば、霊界で十分に欲しいものは手に入れることができます。

というよりも、現世で欲しかったものなどあまり欲しくなくなっていることが多いのです。

なので、こういった上部霊界に位置するご先祖様の場合は、お供え物を沢山あげても、その真心は受け取っていらっしゃいますが、あまり関心がないようでもあるのです。

例えるならばお金持ちで大きな広いお屋敷に住み、家庭での環境にも恵まれている人がいるとして、その人に美味しい食べ物や即物的な快楽を提供しても喜ばないのと一緒です。

もっと高次元な向上心を満たすようなものでないと喜ばないわけです。

上部霊界のご先祖様に対する供養は一般的な供物を捧げて行う方式だとあまり意義としては薄いのかも知れません。

しかし、下部霊界に位置するご先祖様は事情が異なります。

霊界においても自分自身の霊覚、霊格が低いため、あるいは現世に近い霊波動に絡め取られているために欲しいものを手に入れにくい状況にあったりもします。

というよりも、現世で欲しかったものが霊界にあっても欲しかったりするわけですね。

そのようなご先祖様達に「皆さん、もっと次元の高い境地に立ちましょう!」と言って聞かせても「そんなこと言われても困る。わしらは色々と欲しいものがあるんじゃ~」という反応がかえってくることになります。

たとえるならば、お腹の空いている人に「人はパンのみに生きるにあらず」と尊い教えを説いてみても、「いいからパンをくれ!」と聞く耳を持たないのと同じなのです。

ですから、こういった場合は、まず、欲求をある程度、満たしてあげながら、少しずつ次元の高い境地へと導いてあげないと難しいわけですね。

こういったご先祖様においても霊界事情があるので、一口に先祖供養が必要、不要ということは言えないということなのです。

先祖供養というものもよくよく考えてみると奥が深い意味があったりするわけですね。

何事も時代の流れや環境の変化によって影響を受けていきます。

その時代にあったあり方というものを探求していくことも大事な学びなのかと思います。

先祖供養についても色々と検討する必要があるのかなと思います。


◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

供養の歴史と読経

先祖供養という言葉は結構、このスピリチュアルの界隈ではよく聞く言葉の一つだと思います。

それと同時に様々な意見や憶測、「ともかく供養せい!」みたいなことをいう方もいれば、「供養など不要だ!」と言い切る人がいて、結構、意見が分かれる要素があるのが、この供養という事柄のおかれた状況でもあります。

そこで、少し供養について歴史や意義を振り返りつつお話してみようかと思います。

その前に一応、天心の先祖供養などに対するスタンスを述べた過去記事があるので、天心の先祖供養に関する望み方については、そちらを参照してください。

供養について

他にも様々に語っている記事はありますが、ご興味がある方は、先祖供養カテゴリをご参照ください。

さて、供養を考える上で少し、歴史を遡りつつお話してまいりましょう。

昨今では、供養というと亡くなった人間を慰める行為といったニュアンスで捉えられていることが多いように思います。

しかしながら、本来の供養とは、元々は、僧侶などの聖職者に対してお世話をしたり、施しをしたりすることであったのです。

もちろん、これらは亡くなられた方ではなく、生きておられる方です。

供えて養うと書くことから、その有り様は想像ができると思います。

なぜ、僧侶などに対してお世話をしたり、養ったりするという行為が生まれたのかといえば、神や仏に一身と一命を捧げて生きるものをサポートすることは、大変功徳が高い行為であるとされていたからであります。

なぜ供養の功徳が高いのかと言えば、その理屈はおそらくこのようなことだと思います。

まず、相手に対する愛や慈悲、真心からの行為は正のエネルギーすわなち功徳になるということ。

それにもまして、この世に正のエネルギーを充填させるべく聖職としての行いをするものをサポートすることは、単純に慈善行為による正のエネルギーを蓄えることよりも、もっともっと正のエネルギーの醸成を助けることになります。

つまり、同じ供えて養うならば、僧侶のような聖職者が良いだろうという発想が生まれてきたのだろうと思います。

このように亡くなった方ではなく、当初は生きている尊い方をサポートするのが供養のあり方でありました。

ここでおそらく現代の供養と呼ばれる内容とのギャップに気づく方も多いと思います。

このギャップゆえに現代で行われている供養などに対して「あんなものは本来のものと違う。だから不要だ!」と感じてしまう方も多くなるのかな?と感じます。

しかしならが、供養の歴史をさらに進めていきますとこのギャップが生まれるキッカケを作ったあるエピソードに出会います。

そのエピソードとは以下のようなあらましです。

修行に励む仏法僧がある日、亡くなられました。

仏法修行の途上での涅槃への旅立ちです。

まだ、現世で修行を続ける僧達は、亡くなった仲間の修行僧がちゃんと涅槃に旅立てたであろうか?と心配になったといいます。

そこで生き残った僧たちは、亡くなった仲間の僧がちゃんと涅槃に旅立てるように何かできないものかと思案します。

「死んだってあいつは俺たちの仲間だ!」

「仲間がちゃんと成仏できるように俺たちも助けてやろうぜ!」

まるで漫画のルーキーズのような友情劇ではありませんが(笑)、仲間の僧達は一斉に釈尊の教えの説かれた経典を読み上げて、亡くなった僧侶が仏法から離れずにいられるようにサポートしたということです。

これが、亡くなった方への供養を行うことになるエピソードと思われます。

なぜ、葬式や供養の時にお経を読むのかといえば、それは、亡くなった方が仏法から離れないようにサポートしてあげているわけなんですね。

このことから、段々と供養というものが指す範囲が生きている聖職者限定であったものが、亡くなった方にまで拡張されることになったわけです。

今、現代で一般的に認識されている供養とはこのことが源流にあるということです。

でも、「現代の人はお経の意味なんかわからないから読経しても無意味じゃないか?」という意見もあります。

確かに古代パーリー語から漢文になり、日本語発音となった経典を読んだところで意味不明になるという論理は正しいかと思います。

なので、本当は分かりやすい意味で霊界法則などを語りかけて上げる方が良い場合もあるといえます。

しかしながら、そうはいっても読経が意味がないわけではないのです。

なぜならば、読経には、先ほどお話したような亡くなられた方を諭す意味としての顕教的な意味あいと字句の意味を超えた霊的メカニズムを含んだ密教的な意味合いがあるからです。

実はほとんどの読経は今や顕教的な意味合いから、密教的な意味合いに移行してしまっていると考えられます。

ですから、読経が無意味なのではなく、その意図するところが全く表面上で理解されていることと異なるという認識を持つ必要があります。

密教的な意味については、ここではお話できませんが、少なくとも供養というものを考えていく上で、歴史的な流れを追いかけて理解してみるとよくわかるかなと思います。

先祖供養といった場合はご先祖様の霊界での生活や学びを向上させるサポート及びねぎらいというように考えるとわかりやすいと思います。

以上、参考まで。


◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

祖先を憶う

想いのバトンを渡されて命のリレーは続いてゆく



obon.png


◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

外国人の霊もお盆に帰る?

先日、面白いご質問が寄せられたので、そのことについて、お話してみたいと思います。

私はブログ内でお盆の時期にはご先祖様も帰ってきたり、特別な救済の時期でもあり、先祖の浄化を行うには良いということをお話しています。

でも考えてみるとお盆というのは通常、仏教の行事として認識されています。

外国人など、とりわけ欧米の方であれば、キリスト教の方が多いことは想像に難くありません。

はたして外国人の霊人もお盆に帰ってくるのでしょうか?というのがご質問の趣旨でありました。

結論からいえば、基本的にお盆に帰郷するのは、日本人だけです。

あるいは、仏教の思想を信奉していた方であれば、外国人の霊人でも帰ってくるかも知れません。

または、特別な霊法でお呼び立てすることをすれば別かも知れません。

私自身、先祖浄霊の際に外国人の霊人を見掛けたことはありませんし、私が係わる方々はほとんど日本人です。(霊人も現世の人も)

なので、特別、外国の霊界については今まで意識を向けたことはあまりないのです。

話を元に戻して外国人の霊人がなぜお盆に帰ってこないのかといえば、それは霊籍を置く霊界が異なるからです。

日本人の場合、大抵は仏教徒でありますし、具体的な宗派に属していなくとも、先祖崇拝という思想はいにしえからありますし、お盆の時期には先祖は現世に帰るという霊界が存在しています。

その霊界に霊籍を置く先祖は、お盆の時期になると許されて現世に戻るのです。

詳しくはわかりませんが、ハロウィーンなどでは死者の霊が家族を訪れたりするといわれているので、その時期に帰ったりするのかも知れませんが、現時点では不明です。

いずれ、時間ができたらその辺を調査してみたいと思います。(笑)

霊界というものは、なかなか複雑で幾層にもわかれています。

ご先祖様との関係もいろんな形があるのかと思います。

私は特に日本系の霊界が主なので、あまり外国系はわからないことも多いのですが、これから勉強を深めていきたいと思います。


◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

先祖浄霊に関すること

お盆の時期ということもあり、先祖浄霊についてのお問い合わせも多くなることが予想されますので、改めて記事を起こしてみたいと思います。

まず、参考になりそうなバックナンバー記事のリンクを紹介しておこうと思います。


お盆の供養についてのお話は以下の記事でお話しています。

◎お盆の先祖浄霊
◎お盆の時期ですね


また、具体的な先祖供養に関してのお話は以下の記事になるかと思います。

◎観音様による先祖供養
◎先祖供養の基本
◎先祖供養のご質問


そもそも、なんで先祖供養が必要なの?先祖供養の意味についてはこちらをお読みください。

◎ご先祖様の浄化の意義
◎先祖と子孫は二人三脚



以上が代表的な記事となります。

遠隔浄霊にての先祖浄霊をお申込みの際は、「遠隔浄霊について」のページを一読し、基本的な浄霊の意義を理解した上で、必要項目を記入していただくことになります。

その際に、最後の気になる点の項目のところに、「先祖浄霊」と記載して、母方と父方の姓と結婚して姓が変わった方はその変更後の姓も記載していただけれるとなお良いと思います。


以上、先祖浄霊に関することのまとめ記事でした。


天心 拝


◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR