新説・霊界ストーリー 【霊界探索-天使霊統編12】

☆初めて読む方はコチラからお読みくださいね!
☆前回の新説・霊界ストーリーはコチラをクリックしてくださいね!


初めてこの記事を読まれる方は、一番上のリンクをクリックすれば、一番最初の記事を読むことができます。

前回記事は二番目のリンクをクリックでページが切り替わります。


<前回までのおさらい>

光と濃紺の霞みの雲が斑模様に織り交ざり合う光景。

この光景は、点々に光とぼやけた霞が広がっていてとても不思議な空間でした。

フェイシェル大天使は「見えることと見えないことに気付きなさい」と言い、私は、それが自分自身の無知なる部分と覚った部分とを表していることに気付きました。

自分がここですべきことは何であるのか。

無知なる部分を補うべく光を求めていくのがこの場所での為すべきことなのかとフェイシェル大天使に問うと返ってきたのは、またもや問答のような答えなのでした。

<続き>

フェイシェル大天使に言われて、しばし、自らの無知なる部分について気持ちを向けています。

よく考えてみると自分の思考というものが如何に自分の知っている部分に向きやすいものなのかに気付かされます。

人はもしかすると、光を求めて歩くうちに自分の持っている無知という闇を忘れてしまうのではないか。

そんな感想すら浮かんできます。

私は、注意深く、光に目を奪われそうになる自分の目線を斑の濃紺の霞んだ部分に向けてみるようにしました。

形に囚われてはいけないとフェイシェル大天使に釘を刺されてはいましたが、単に思考を無知なる部分に向けてみるより、霊界においてはメタファーそのものを観察した方が、よりヒントが得られやすいということがあります。

霊界が形造られるのは、そこに何らかの意図や意味が込められているからです。

そこに気付くことが出来れば、自分の探しているものが見つかるかも知れません。

じっと濃紺の霞みの雲を見つめていると、その雲の向こうに段々と意識が吸い寄せられていくような感覚になります。

そして、ふと気づきました。

気付いたというより何か声のようなものを聴いた気がしました。

それは、かすかな声でした。

私はそこに耳を澄ませながら、一体何と言っているのか聴きとろうとします。

しかし、聴き取ろうとすればするほど、その声は遠のいていくような薄らとした柔らかなものへと変わっていきます。

その声は、


…求めるなら求めるな

…見たいなら見ようとするな

…得たいものは得たいところにはない

…近づきたいなら遠くに離れよ



ボンヤリとした柔らかな声は、優しく風に乗るようにふわふわと漂ってきます。

その声の意味するところは、理屈で考えると意味不明なのですが、その声を聴いていると自然とこみあげてくるものがあります。

それは、

それは、

私の中で魂がスパークするような叫びとも呼べる何かがはじけるのを感じました。

理屈では表せません。

あえて言えば、自らの無知を埋め合わせる奥義がそこに現れているということです。

私は何も言えず、ただ、茫然と漂ってくる声に対して、何かを語ろうとするけれど、言葉にならない状態に置かれていました。

フェイシェル大天使:「あなたの壁が見えてきましたね」

フェイシェル大天使は突如、語り掛けてきました。

天心:「はい、壁は私自身でした。」

私は短く言葉を発するのが精一杯です。

こみあげてくる何かに揺さぶられています。

フェイシェル大天使は私のことをじっと見つめて、その後に続く言葉を待っているようでもありました。

私はたどたどしいながらも言葉をつづけました。

天心:「求めれば求めるほど、私は求めるものに囚われてしまっていました。そして、求めるものが何であったのか分からなくなっていました。」

何も言わずフェイシェル大天使は静かに見守っています。

天心:「見たいみたいと思って近づきすぎれば、返って見えなくなるという道理を忘れてもいました。」

フェイシェル大天使はニコッと微笑みました。

どうやら、それ程、的外れなことを口にしているわけではないようです。

私は続けて言いました。

天心:「得たいものが、ある場所は、本当はもっと違う場所にあるのにそのことに気付けないでいました。」

そして一呼吸おいて続けて言いました。

天心:「得たいものに近づくためには、無知のままでは近づけない。近づくためには何を得たいのかを知る必要があるということです」

最後まで言い終わると、私の中からこみあげて揺さぶる何かは収まっていました。

正直、自分でも何を言っているのか判然としない部分もありながらも、自分の中に入り込んできた、一つの自分の無知を作り出している壁が何であるのかを体得した瞬間ではありました。

おそらく、これを他の人に話したとしても完全には伝わらないだろうという想いもありながら、私は一人、一つの壁を越えた感覚を得ていました。

フェイシェル大天使も終始、笑顔を向けておられました。

フェイシェル大天使:「あなたが今、得たもの感じたもの理解したものは、今後、全ての基礎となっていくことでしょう。あなたは最後の祝福の場へと導かれることでしょう」

フェイシェル大天使は宣言するかのように言いました。

そして、私の眼前の景色を執りましていた斑模様の景色が再び、一つの光となって埋め尽くされていきました。

光が包み込み、再び、前後不覚の状態になり、私は宙に持ち上げられるような感覚の中、新たな道へと歩みを進めていくのでした。


☆新説・霊界ストーリー【霊界探索-天使霊統編13】へ続く


◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

新説・霊界ストーリー 【霊界探索-天使霊統編11】

☆初めて読む方はコチラからお読みくださいね!
☆前回の新説・霊界ストーリーはコチラをクリックしてくださいね!


初めてこの記事を読まれる方は、一番上のリンクをクリックすれば、一番最初の記事を読むことができます。

前回記事は二番目のリンクをクリックでページが切り替わります。


<前回までのおさらい>

美しい情景に魅せられて、その場に立ち尽くす感覚が私を離さずにいました。

フェイシェル大天使は、セフィラの罠に陥ることがないように警告しています。

セフィラとは、どうやらこの天使精霊界における課題や導きを表しているようです。

次々に現れるセフィラという名の課題をこなすことが求められることがこの天使精霊界におけるルールなのかも知れません。

次なる課題に進む決意をするとフェイシェル大天使が先導し新たな光の道を指示してくれるのでした。

<続き>

光は膨張し、膨張するほどに輝きを増します。

一筋の線であった光はいつしか全てを包む輝きとなっていて、その眩しさに前後不覚になりそうです。

しかし、そんな眩さも薄まるように透明度が鈍く高まるように色合いが変化してきます。

ゆっくりと透けるように光のベールが開けてくるとその向こう側に濃紺の何かが広がっています。

闇・・というのとは違います。

でも、光が真実を明るみにする性質があるならば、その向こう側には何かを隠そうとする秘められた働きを感じます。

光が徐々に和らいでその向こうに透ける濃紺の雲のような霞んだ色彩が、光とそうでないものの斑な状態を作り出しています。

何とも中途半端な状態です。

ここは一体、如何なるエリアなのだろうか?

フェイシェル大天使の言うところのセフィラの一つなのかとは思うものの、何を表しているのかがわかりません。


フェイシェル大天使:「見えること見えないことに気付きなさい」

フェイシェル大天使が少し異なるトーンで語ります。

天心:「私には斑な模様が広がっているということ以外は良くわかりません。。」

フェイシェル大天使:「目に見えることはメタファーです。その形ではなくその形の意味するところに注力しなさい」

フェイシェル大天使は淡々とメッセージを発しますが、その一つひとつが私の心に揺さぶるような微細な衝撃を与えてきます。

言葉でない、その言葉の奥にある真の意味するところに誘導されるように感じるのです。

少しずつただの斑な光と濃紺の霞んだ模様が、その形を超えて全く異なる意味を帯びていることが直覚的に理解するに至りました。

とても、複雑な感覚なので、理屈で説明しにくいのですが、斑の光は私の認知であり、明らかにされている真相を意味しています。

一方で、濃紺の霞みの雲は、私の見えていない不明なものです。

真理と無明が入り混じる形が、斑模様が示すメタファーの正体だと悟りました。

見えないことと見えていること。

それは自分の確かな悟った真理と不明瞭な無知なる闇の部分を理解しろということなのではないかと理解しました。

天心:「私はここで光を取り戻し、闇を祓っていく必要があるということでしょうか?」

フェイシェル大天使に確認の意味を込めて尋ねます。

フェイシェル大天使:「全ては開かれています。開かれているものに閉ざす壁を作っているのはあなた自身です」

フェイシェル大天使は尋ねたことに対する答えなのか、またまた、問答のような言葉をくださりました。

天心:「どういうことでしょう?私が作っている壁とは何であるのでしょうか??」

フェイシェル大天使:「見えないことを覚りなさい。見えないことを覚る時、あなた自身の壁が見えてきます。あなた自身の壁が明らかになれば後は願えば良いだけです」

フェイシェル大天使の言葉を慎重にかみしめながら自分が見えていないこととは何であるのかに注力することにしました。

兎も角、答えはこの光と濃紺の雲で出来た斑の景色にあるはずです。

この瞬間から私の新たなセフィラでの学びが始まったのでした。


☆新説・霊界ストーリー【霊界探索-天使霊統編12】へ続く


◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

新説・霊界ストーリー 【霊界探索-天使霊統編10】

☆初めて読む方はコチラからお読みくださいね!
☆前回の新説・霊界ストーリーはコチラをクリックしてくださいね!


初めてこの記事を読まれる方は、一番上のリンクをクリックすれば、一番最初の記事を読むことができます。

前回記事は二番目のリンクをクリックでページが切り替わります。


<前回までのおさらい>

今、身を置いている空間は、どうやら敏感に霊波長に反応することがわかってきました。

霊波長を整えるため調和のための祈りを始めるとそこには、輝く大きなベーグルのようなものが浮かび上がってきます。

フェイシェル大天使によれば、ベーグルのような輪っかはエンゼルトーラスと呼ばれるもののようです。

天使が気品を保つためのものだということですが、おそらく霊界における象徴的なものなのでしょう。

「美しものはない」というフェイシェル大天使の言葉の真意を悟ると目の前に新たな荘厳なる光景が開けるのでした。

<続き>

銀色と時々、淡い透明感のあるブルーが混じった輝きが結晶のような形をなし、それが連綿とつながりあっている。

輝きは輝きを呼び、どこまでも美しい形容しがたいモノが広がっていて、どこにも醜悪なものはありません。

この空間に佇んでいるだけで、ますますに全てが美しく感じます。

美しさが美しさを反射し映し出し、さらなる美へと導かれ発展していくような感覚です。

まるで、ギリシャ神話のナルシスになったような気分です。

その光景を垣間見たら、見ることをやめられないのです。

いつまでもいつまでも自分が麗しく洗練されていく様がわかります。

フェイシェル大天使:「セフィラの罠に陥らないようにしてください」

フェイシェル大天使の言葉にふと我に返ります。

天心:「セフィラ?」

フェイシェル大天使:「セフィラは旅の途上に現れる導であり課題です」

天心:「どういうことでしょう?」

少し戸惑いつつフェイシェル大天使に尋ねます。

フェイシェル大天使:「光の柱を通り、向かう目的を忘れてはなりません。私たちは皆、主なる神に向かい旅をしているのです。」

天心:「確かにそうですね。それではセフィラとは主なる神に向かっていくための導導であり課題だということですか?」

どうやら意図したことを正確に受け取ったことを意味するようにフェイシェル大天使は微笑んでいます。

フェイシェル大天使:「セフィラは旅の途上に現れる課題です。課題を受け止めることが出来たらば、セフィラに拘ってはなりません。」

私は、少し立ち止まってフェイシェル大天使の言葉をよくよくかみしめて考えてみます。

つまり、今までこの霊空間で経験した、無限ループをしたことや霊波長によって景色が変わる現象も全ては課題を受け止めるためのものだったということに考えが行き着きました。

一つひとつの出来事に意味があり、そこでの体験が私の霊覚を開いていくためのプロセスになっていたのでしょう。

ただ、私がその場の出来事にとらわれてしまうと本来の主なる神へ向かう目的を失ってしまいかねないからこそ、フェイシェル大天使は忠告をしてくれたということなのかも知れません。

本当にこの解釈であっているのだろうかと少し心配になりフェイシェル大天使の顔を覗き込みます。

満面の笑みを浮かべて優しいまなざしが注がれてきます。

どうやら間違ってはいないようです。

天心:「わかりました。何だか名残惜しい気持ちが強いですが、次なる課題に向かって進みたいと思います」

私はフェイシェル大天使にそう宣言しました。

するとフェイシェル大天使は先導するかのように私の前に立ち一筋の光を天上よりおろしました。

その光の筋が新しい道となり次なる空間へ続いていきます。

この先はどんな課題が待っているのでしょうか。


☆新説・霊界ストーリー【霊界探索-天使霊統編11】へ続く


◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

新説・霊界ストーリー 【霊界探索-天使霊統編9】

☆初めて読む方はコチラからお読みくださいね!
☆前回の新説・霊界ストーリーはコチラをクリックしてくださいね!


初めてこの記事を読まれる方は、一番上のリンクをクリックすれば、一番最初の記事を読むことができます。

前回記事は二番目のリンクをクリックでページが切り替わります。


<前回までのおさらい>

水中深くに潜伏したときのような静けさにつつまれた空間で、新たなテーマが与えられました。

透明感のある場所で私は、フェイシェル大天使より美しさとは美しいものではないと諭されました。

一体、どのような意味なのか答えをフェイシェル大天使に求めましたが、それは自分で求め探すものだと再び諭さます。

どういていいのかわからずに途方に暮れていると静かな空間に変化が起こり、見えている景色が崩れていくのを目の当たりにするのでした。

<続き>

まるで、透明なゼリーに一筋の切り口を入れたときにできるような線。

線といえば良いのでしょうか。

一筋の線が出来ては、パズルのピースのように景色が切り取られていきます。

その光景自体、とても不思議な感じでもあり、ちょっとだけひんやりとした冷たい風が頬を撫でていくような皮膚感があります。

カットされたダイヤのいくつもの鋭利な表面が光を反射させるように景色の一部がまた欠片のように分かれていきます。

何が起こっているのかは、わかりません。

わからないと考えるほどの景色は混沌としてくるようなのです。

時には、頭が混乱するかのような気持ちになると、ザラザラした感想した砂漠のような景色がぐるぐると回転しては現れます。

一つだけわかってきたことは、思念に敏感に影響する空間なのだということです。

ちょっとした波長の違いもすぐに目に見える景色、感じる感覚としてフィードバックされてくるようなのです。

私は、ともかく、思念を整えるべく、お祈りをしながら霊波動調整をしていきます。

心の波風を抑えるようにしていくと再び、透明感のある空間と景色が戻ってくるのです。

そして、シャボン玉のような気泡がまた浮かんできます。

ふと、そこで直観的にシャボン玉の正体がわかったような気がします。

それを確認するために、少しシャボン玉に強い思念を向けてみました。

するとシャボン玉の数が増えて、ブクブクと粟のような感じで大小の気泡が現れるのです。

思念が鎮まれば、静寂な空間、そして、微弱になった霊波動の活動は、優しいシャボン玉のような表層的なシンボルで現れているようです。

今度は、静かに祈りを調和へのものへと変えていきます。

あらゆるものが調和した姿こそが美しさの一つではないかと考えたからです。

静かに静かにお祈りをしていくとシャボンの玉は、ゆっくりと中心に集まってきます。

先ほどのように泡立つのではなく、優雅に舞うように絡み合いながらダンスをしているかのようです。

小さな、そして静かなツイスターが目の前に作り出されていきます。

八の字を描くように左右に広がりながら、段々とドーナツ状の大きな輝くリングが現れています。

宝石で出来たベーグルみたいで、眺めているだけで魅了されていきます。

フェイシェル大天使:「見事なエンゼルトーラスです」

フェイシェル大天使ふいに語り掛けてきました。

天心:「エンゼルトーラス?何ですかそれは??」

フェイシェル大天使:「天使が皆、気品を保つために持つものです」

天心:「そうなんですか。そういえば・・」

目の前で綺麗に光り輝く、ドーナツ状のものは、見方によっては、天使の頭によく描かれている光の輪に似ています。

実際には、絵に描いたような光の輪を頭の上に乗っけている天使というのは、霊感旅行の際にもあまり見かけてはいません。

おそらく、現世に伝えられている天使のイメージというものは、わかりやすく描かれなおされている部分もあるのかも知れません。

ただ、光の輪が象徴するものは霊界にも存在しているということなのかと思います。

天心:「これが天使の輪の正体なのですね・・」

でっかい光り輝くベーグルという私の個人的な感想は封印しておきました。(笑)

フェイシェル大天使:「あなたはまだ美しさが何であるのかわかってはいませんね」

天心:「え?そ、そうなんですか?」

フェイシェル大天使の言葉に再びドキッとさせられます。

フェイシェル大天使:「美しいものはありません。」

天心:「美しいものはない・・」

私は再び考え込んでしまいます。

すると先ほどの光輝くエンゼルトーラスが割れたガラス片のように飛び散り、空間が混沌へと姿を変え始めます。

このままでは、また、もとの繰り返しです。

静かに祈りつつ霊波動を乱さないように最新の注意を払いながら、景色の乱れが整い始めるのを見ていた瞬間にハタと全てを悟りました。

何を悟ったのかを言葉で表すことは出来ません。

しかし、あえて言うならば、美しさとは何かということです。

美しさとは、その対象にあるわけではないという点です。

美しいものがないとフェイシェル大天使がおっしゃられていた意味がようやく腑に落ちました。

あえて言葉にするならば、美しさは、美しさをとらえること自体にその本質があるということです。

美しさが美しさを見るのであって、美しいものがあるわけではない。

まるで合わせ鏡の中の鏡を見るような実体のとらえどころのない境地に立ち、私は一瞬、立ち尽くすように空間を見つめていました。

すると、まるで分厚いカーテンが幕を開けたかのようにその向こう側に表現できないような景色が広がっています。

どういってよいのかわかりません。

まさしくこの世のものとは思えない、現世にありようもない光景です。

綺麗とか美しいとかいう言葉では追いつかない、そこには完全性を思わせる姿が現れていました。

フェイシェル大天使:「主の片鱗をあなたは見たのです。全てに主の片鱗があるようにあなたにもまた主の片鱗があります。」

フェイシェル大天使はそう言うと、とても晴れやかな表情で私を愛でるような視線で見つめていました。

続く。

☆新説・霊界ストーリー【霊界探索-天使霊統編10】へ続く


◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

新説・霊界ストーリー 【霊界探索-天使霊統編8】

☆初めて読む方はコチラからお読みくださいね!
☆前回の新説・霊界ストーリーはコチラをクリックしてくださいね!


初めてこの記事を読まれる方は、一番上のリンクをクリックすれば、一番最初の記事を読むことができます。

前回記事は二番目のリンクをクリックでページが切り替わります。


<前回までのおさらい>

繰り返される無限ループかのように思えた光の柱の道に終わりをもたらすことが出来ました。

高らかになるファンファーレとともに新しい道が目の前に広がっています。

どうやら主なる神に連なる道を一歩進めることが出来たようです。

道はさらに続いていきます。

<続き>

水中深くに潜ったような静かな空間へと進みます。

先ほどのようなラメの輝きが舞う空間とは違った、薄いブルーの透明感のある感覚です。

とてもスッキリしていて、何もないような。

しかし、いわゆる無の感覚とは違います。

そこに闇はなく、透明感だけが広がっています。

透明な中にもシャボン玉のような気泡が一つ、二つと上へ上へと登っていくのが見えます。

フェイシェル大天使:「美しいでしょう?」

フェイシェル大天使は、優しく語り掛けてきます。

いつも微笑んでいらっしゃいますが、今の表情は、花をめでるときの愛らしい顔をしています。

天心:「はい。何といいますか今までに見たこともない光景です」

フェイシェル大天使:「美しさとは美しいものではないのですよ」

天心:「えっ!?どういうことなのでしょうか?美しいものが美しくない??」

何とも言えない、わかったようでわからないフェイシェル大天使の言葉にはじかれるように聞き返しました。

フェイシェル大天使:「あなたはここで美しさとは何かを知らなくてはなりません」

天心:「美しいさ・・?ですか・・??」

フェイシェル大天使の言葉にますます混乱をきたしてしまいます。

どうやらこの場所で吟味しなければいけないことのキーワードとしては、「美しさ」というものがあるようです。

フェイシェル大天使:「ここは美を生む場所。美を映す鏡の間なのです」

天心:「少し難しいです。一体どうすればよいのでしょうか?」

フェイシェル大天使:「どうすればよいのかは、あなたが求めなければなりません」

フェイシェル大天使はそう言うと再び、微笑み沈黙して私に優しいまなざしを向けています。

どうすればよいのかわからないまま、再び、途方に暮れています。

すると先ほどまで透明感のある空間であった状態が、渦潮のようにグルグルと回転を起こし、みるみると景色が変わっていきます。

その景色は、艶のない石のようなザラザラとした欠片が舞っている混沌としたものでした。

とても美しいものとは、言い難い、ごみごみとした感じです。

これからどこへと続いていくのか。

全く見当がつかない状態に再び途方に暮れるのでした。

続く。

☆新説・霊界ストーリー【霊界探索-天使霊統編9】へ続く


◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR