桜の咲く神社での出来事

思い出話になります。

私がまだ大学1年生の頃のことです。

当時はまだスピリチュアルのことに関しては知識ベースでは大分、習熟していましたが、個人的な霊的体験は浅い状態でした。

どちらかというと人生の意義物事の真理などより、青春を謳歌したいという欲求の方が勝っていた時期でもあります。

そんなわけで、学生の本分は勉強・・ということもなく、友達とアチコチ、遊びまわっていたのを覚えています。(汗)

ある時、都心の街で友人を数人連れだって遊んでいました。

今となってはしょうもない時間を浪費してしまったような後悔もありますが当時は楽しくて仕方がありませんでした。

散々、遊び倒した後、何となく日も暮れ始めてきたので友人たちと駅に向かい歩いていました。

時間だけはたっぷり使える身分であったので、何となく真っすぐに駅に向かわず裏道を通ったりと普段とは違った景色を楽しみたいという理由で途中の小道に入ってみたりしました。

しばらく色々、小道を探索しているととある神社が見えてきました。

無論、この頃は体験こそないものの、神社・仏閣に格別な思いを抱き始めていました。

でも、当時、大学の友人にスピリチュアルなことに関心があると知られるのが気恥ずかしい、怪しいやつと偏見で見られることも怖かったため、気になったものの「そこの神社に入ってみよう」とは言いだせずにいました。

ところが、普段は信心の「し」の字もない友人の一人が「なんか神社あるぜ?入ってみよう!」と言い出しました。

私としては渡りに船です。(笑)

気のない素振りを見せつつも、私はあくまで付き合いで入ってやるよといった体裁で友人たちと神社に入ることになりました。

神社の神様に失礼極まりない態度ですが、若気の至りというか、心の中では「ごめんなさい、本当はメチャメチャ真剣に詣でる気持ちでいっぱいなんで許してください」と謝罪のお祈りをしていました。

境内は広くはありませんが、とても澄んでいて厳かな気を感じたのを覚えています。

この時はまだ霊眼も発達途上で、まだまだ、そこにある存在を正確に審神することは出来ませんでしたが、気の感覚的な違いについては分かるようになっていました。

何かココにはいらっしゃるなと感じたのです。

神社の拝殿のすぐそばには桜の樹がたっていました。

その桜の樹を何となく見やっていると誰かが居る気配がします。

良く見ると若い武者というか少年剣士みたいな(牛若丸みたいな?)男性が立っていました。

正直、目を疑いまして、注意深く観察するとスーッと消えたのです。

見間違いか、霊人だったのか、当時はまだ判別できず、単なる幻覚かも知れないとも迷いました。

ただ、他の友人たちは一切、何も見ていないようだったので、誰にも言えず、胸の中にしまい込むことにしたのです。

この神社にはその後、不思議なご縁であしげく通うようになるのですが、それはまた別のお話し。

取り止めのない思い出話でした。


◎クリックご協力ください!



さて、今回のおまけ動画は、以下になります。

また、チャンネル登録して頂いた方にミニチュアBooks「守護霊に委ねてごらん!-【付録】守護霊活性化マントラの伝授-」をプレゼント!

詳しくはコチラ ⇒ 【チャンネル登録特典】 ミニチュアBooksプレゼント

チャンネル登録は⇒https://www.youtube.com/channel/UCTDTbnbPx_YDqWQ3NaV8e6A

また、動画記事上で再生すると小さくて見にくい場合は、右斜め下にある [ ]のような感じのボタンを押すと全画面表示になり見やすくなります。


テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

心に残った守護霊からのメッセージ51

心に残った守護霊からのメッセージをご紹介してみたいと思います。


---------------------------------


まだ見えておらぬ

見えておらぬことすら

わかっておらぬ

無知の知

これ知るべし


---------------------------------


自分の背中を自分で見ることは出来ません。

人間にはどうしても見ることが出来ない死角が存在するものです。

なので、必ず見えていない部分を持ってしまうのはある意味で宿命なのかも知れません。

全部、見えているという前提でものを見ていると大いなる誤謬を犯す可能性があります。

そのことを守護霊様に指摘された時のメッセージとして降ろされたのを覚えています。


◎クリックご協力ください!



さて、今回のおまけ動画は、以下になります。

また、チャンネル登録して頂いた方にミニチュアBooks「守護霊に委ねてごらん!-【付録】守護霊活性化マントラの伝授-」をプレゼント!

詳しくはコチラ ⇒ 【チャンネル登録特典】 ミニチュアBooksプレゼント

チャンネル登録は⇒https://www.youtube.com/channel/UCTDTbnbPx_YDqWQ3NaV8e6A

また、動画記事上で再生すると小さくて見にくい場合は、右斜め下にある [ ]のような感じのボタンを押すと全画面表示になり見やすくなります。


テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

鵜呑みにせず何度も咀嚼する

鵜呑みにするという言葉があります。

鵜呑みとは丸呑みすることであり、咀嚼しないということです。

咀嚼しないということは、その物の持つ味わいを知ることは出来ません。

しっかりと咀嚼して風味や香り、手触り、歯ごたえ、見た目など味わい尽くさないとその物を食したとは言えないのですね。

これは食べ物だけではなく、物事の本質においても言えることです。

様々なことをブログで発信してきましたが、お話ししている内容はあっさりしているものもあれば、濃いものもあります。

色々な角度からお話ししていますが、一度、読んだだけでは味わい尽くせないこともあるでしょう。

サラッと読んでわかったつもりになっている場合、結構、誤解をして認識されてしまっていることも多々あるようです。

何度か読むことでまた違った見解も生まれることがあります。

その点を留意してブログ記事もご活用頂ければと願っています。


◎クリックご協力ください!



さて、今回のおまけ動画は、以下になります。

また、チャンネル登録して頂いた方にミニチュアBooks「守護霊に委ねてごらん!-【付録】守護霊活性化マントラの伝授-」をプレゼント!

詳しくはコチラ ⇒ 【チャンネル登録特典】 ミニチュアBooksプレゼント

チャンネル登録は⇒https://www.youtube.com/channel/UCTDTbnbPx_YDqWQ3NaV8e6A

また、動画記事上で再生すると小さくて見にくい場合は、右斜め下にある [ ]のような感じのボタンを押すと全画面表示になり見やすくなります。


テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

身近で起こる貰い受け霊障

霊的な事柄が原因で起こる障害のことをスピリチュアルでは霊的障害、略して霊障と呼びます。

霊障という言葉は何だかちょっと怖い雰囲気を持っていて、霊的な特別な能力を持つか、霊媒体質など特殊な事情を持つ人にしか関係がないという認識を持っている方も多いと感じます。

確かに霊的に鈍ければ、あまり、意識も霊界に向きません。

そのため霊障の元になるような霊的存在が関与していても気にならず問題として認識されない場合もあります。

なので、軽いものならば、ほっておいても知らぬ間に内なる霊性の輝きにより祓い落とされたり、守護霊の加護によりクリアにされることで目に見える障害と認知される前に解決してしまう場合もあるでしょう。

若くて体力があるときには少々、怪我をしたり細菌やウィルスにやられて病気になっても、知らないうちに治ってしまっていることも多いのと一緒です。

そのため、霊障が顕在化することが少ないため、多くの人に気に止まるのは、明らかな特殊ケースばかりが多くなりました。

如何にも取り憑かれて精神の均衡を崩したり、不可思議で恐ろし気なケースばかりが霊障の実体だと勘違いされているフシもあります。

本来は霊障のもとになるマイナスの霊的存在というものは細菌やウィルスと同様で、周囲のどこにでもいるものです。

特殊なケースのものばかりではありません。

所謂、心霊スポットやいわくのある場所に行くことがマイナスの霊的存在に憑かれる原因だとは限らないのです。

特定の場所や人物、物などに強烈な執着があるか、それらに何らかの濃い縁起があらかじめあるような霊物は別として、所謂、不成仏霊などの場合、縁も所縁もない人に憑いて来る場合もあります。

これを「貰い受け霊障」と呼んでいます。

直接的な濃い縁起がないマイナスの霊的存在であっても、間接的に縁起が結ばれると人から人へとまるで細菌やウィルスのように渡り歩く霊物もあるのです。

典型的なのは、別段、誰か特定の人に執着をしているわけではない不成仏霊です。

生前、フラフラと心や生き方を定めずにその日暮らしをしているようなメンタリティの人が思いがけず亡くなると不成仏霊になる確率が高くなります。

そうすると通常は守護霊が迎えに来て所定の霊界へ行くという道筋からも外れて、あっちフラフラ、こっちフラフラと彷徨うようになります。

守護霊がついているはずなのに何故こんなことになるのかといえば、その人自身に素直さが欠けていて守護霊の誘導に従えなかったり、生前から大きな霊障を抱え込んでいて、正しい守護霊の導きが分からなくなってしまっているケースがあります。

強烈な唯物論的な思考に囚われ、現世だけが全てと絶対的に思い込んで譲らないという場合も不成仏霊化することが多いようです。

色々あって本人の思惑とは別にマイナスの霊的存在と認定されてしまうような状況になった人は、現世と幽界のはざかいで浮遊するわけですね。

そして、そんな浮遊霊は実は沢山います。(汗)

細菌やウィルスは目には見えなくてもあらゆる場所にいるように浮遊霊もあらゆる場所にいるのですね。

霊人を細菌と一緒にするなと怒られてしまいそうですが、実際、貰い受け障害というのは、細菌感染にちょっと似ています。

私が大学3年生の時のお話しです。

就活説明会を学内で開催すると大学側から通知があり、参加をしました。

同期の友達と会場に向かうと沢山の学生が集まっています。

すると強烈な肩の重みを感じ始めたのです。

「これは確実に貰い受けしたな」と感じました。

当時はまだしっかりとした浄霊法も確立しておらず、祓いのける方法も良く分かっていません。

とりあえず守護霊にお祈りをしていると後から同じ講義を受講していた友人が私の傍に寄ってきました。

そして、「おっ!なんだ?肩でも凝っているのか?」と私が肩に手を当てつつ悪戦苦闘している姿を見てその友人は私の肩を揉むようなしぐさで軽くつかみました。

その瞬間、私の肩は重い荷物を降ろした直後のような軽さを覚えたのです。

友人は私の肩をマッサージしたわけではありません。

ただ、軽くつかみそのまま手を外しました。

この時、私は正直まずいかもと思ったのですが、ちょっと遅かったようです。

私の肩に乗っていた浮遊霊と思しきものは、私から貰い受けをして友人の方へと移動していったようでした。

その後、友人は「俺もなんか肩凝って来たよ」と苦笑いをしていましたが、私は真実を告げることも出来ず、ただ、早く友人から貰い受けの霊障離れていくように祈るばかりでした。

こんな風に意外と貰い受けが起こる場合があるものです。

では、貰い受けを防ぐ方法はないのでしょうか。

実際には完全に防ぐ方法は今のところありません。

いくつかの原則を述べれば、以下のことが挙げられます。

1.出来るだけ自身の霊波長を高次の状態を保つ
2.不成仏霊がいそうな穢れに触れない
3.なるべく早い段階で穢れを落としておく
4.日頃から守護霊の加護を得るべく語り掛けを習慣化する


1.は簡単に言えば常に心掛けを明るく前向きにしておくということですね。

2.は中々難しいこともあるかと思いますが、明らかに不浄な場所へ理由もないのに行かないといことですね。

無論、これは、旅行や仕事、それなりの付き合いや社会的行事で避けられないケースも多いので、あまり神経質になりすぎない方が良いとは思います。

3.は穢れというのは最初はそれほど気になるものではありません。

というよりも殆ど穢れたことすら気づかないことも多いものです。

小さい穢れのうちは殆ど問題はありませんが、塵も積もれば山となるように溜まってくると問題が顕在化していくようになります。

ですから、なるべくちょっと疲れて来たなと感じる時にはリフレッシュする何かを行ったり、霊的な浄化を試みることが肝要です。

4.は言わずもがな守護霊と日頃から仲良くしておきましょうということです。

これは基礎体力や免疫力を挙げて細菌やウィルスに開けない身体を作ることと同じです。

守護霊の加護が強くなれば小さな霊障に負けることは無くなってくるはずです。

以上、身近で起こる貰い受け霊障のお話しでした。


◎クリックご協力ください!



さて、今回のおまけ動画は、以下になります。

また、チャンネル登録して頂いた方にミニチュアBooks「守護霊に委ねてごらん!-【付録】守護霊活性化マントラの伝授-」をプレゼント!

詳しくはコチラ ⇒ 【チャンネル登録特典】 ミニチュアBooksプレゼント

チャンネル登録は⇒https://www.youtube.com/channel/UCTDTbnbPx_YDqWQ3NaV8e6A

また、動画記事上で再生すると小さくて見にくい場合は、右斜め下にある [ ]のような感じのボタンを押すと全画面表示になり見やすくなります。



テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

スピリチュアルは逆転の発想

スピリチュアルは目に見えない世界だと言われています。

故に目に見えないから確認できないというジレンマがあります。

そこで良く耳にするのが、目に見えて確認出来たらスピリチュアル世界を信じることが出来るというものです。

しかしながら、この発想だとスピリチュアル世界を体感、体得するのを難しくしてしまいます。

何故ならばスピリチュアルという世界はこの世の常識のある意味、反対側にあるともいえるからです。

私達は、まず前提があり論理が成り立ち、物証やデータをもって最終的に確信するというプロセスを通るのを当たり前として生きています。

無論、これは現実世界を生きる上ではある意味で大切なアプローチだと思います。

ところがスピリチュアル世界というのは、その全く逆転した発想の中に答えがあります。

スピリチュアル世界を理解し体感、体験したいと思うならば、実は最初に確信が必要です。

これは現実世界の常識を覆すもので、中々、難しく感じることでもあります。

しかしながら、スピリチュアルの常識では確信が蒙を開き、全ての筋道に光を当ててくれるものです。

例えば、目に見えていなくとも存在しているものはこの世に多々あります。

酸素や窒素といった空気は、目に見えなくても存在しています。

でも、最初は目に見えないから、そんなものが存在するとは人間は思いも寄らなかったことと思います。

ところが、私達の生命をつないでくれる要素の一つに目には見えずとも空気というものが存在する確信した人が過去に表れたわけです。

そのように確信した人にとっては、空気の存在は明らかであり、おそらく誰も感得していない気体の存在をその人は感じていたことでしょう。

そして、それを多くの人に理解して、体感してもらうために様々な実験や論理を組み立てて、物証を集めたりして検証してきたわけです。

このようなプロセスを経て、私達は今、酸素や窒素といった空気が存在することで生かされているということを誰もが理解しています。

しかし、立証がなされていなかった過去においても空気は厳然として存在していたわけです。

そして、それを確信した瞬間にあらゆるものが見えてくるようになった人が居ました。

スピリチュアルもいつかは検証し立証される日が来るかも知れませんが、それはいつになるかわかりません。

しかし、確信して歩み寄れば、たちどころに見えてくるものでもあるのです。


◎クリックご協力ください!



さて、今回のおまけ動画は、以下になります。

また、チャンネル登録して頂いた方にミニチュアBooks「守護霊に委ねてごらん!-【付録】守護霊活性化マントラの伝授-」をプレゼント!

詳しくはコチラ ⇒ 【チャンネル登録特典】 ミニチュアBooksプレゼント

チャンネル登録は⇒https://www.youtube.com/channel/UCTDTbnbPx_YDqWQ3NaV8e6A

また、動画記事上で再生すると小さくて見にくい場合は、右斜め下にある [ ]のような感じのボタンを押すと全画面表示になり見やすくなります。



テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR